Androidスマホアプリの「Google」と「Chrome」って何が違うの?

AndroidスマホでWebサイトを検索するとき、アナタは「Google(グーグル)」と「Chrome(クローム)」のどちらを使っているだろうか? いずれも検索エンジンには「Google」を使っているので、どちらでも同じと思っている人も多いと思うが、この2つのアプリは機能や役割に大きな違いがあるのだ。そこで今回は「Google」と「Chrome」、それぞれの機能と使い方を紹介しよう。

「Chrome」はWeb検索&閲覧に特化したアプリ

 Androidスマホには検索アプリの「Google(グーグル)」と「Chrome(クローム)」の2つがプリインストールされている。もしかすると、そのことすら気にせずにどちらかのアプリだけを使っている人も多いのでは? もちろん、どちらのアプリも検索エンジンには「Google」を使っているので、Webを検索する機能にはほとんど差がないが、アプリの持つ機能や役割は大きく異なっている。
 まず、「Google」はWeb検索以外にも、ほかのアプリと連動して天気や交通情報などを提供したり、iPhoneの“Siri”のように音声認識で音楽を再生したり電話をかけることなども可能となっている。これに対し「Chrome」は、Web検索や閲覧に特化したアプリ。もっとも分かりやすい機能は“タブ機能”だろう。毎日見ている複数のWebサイトを、常に同時に開いておけるので、簡単にアクセスできるのが便利だ。実は筆者も普段はタブ機能がある「Chrome」を利用している。

Androidスマホには「Google」と「Chrome」の2つのWeb検索アプリが搭載されている。この2つはいずれも同じような検索バー(ウィジェット)を配置することが可能。もちろん、音声での検索にも対応しているが、この2つにはどんな違いがあるのだろうか?

「Google」はWeb検索以外の機能も充実している総合アプリ。音声で「電話をかけて」と話しかけると、電話アプリが起動して相手に電話をかけたりもできる

「Chrome」はWeb検索&閲覧に特化したアプリ。複数のタブを表示しておけるので、毎日チェックしているWebサイトを素早く表示できる

Androidスマホアプリの「Google」と「Chrome」って何が違うの?のページです。オトナライフは、【アプリAndroidChromeDiscoverGoogle拡張機能】の最新ニュースをいち早くお届けします。