総務省、激おこ!? 携帯料金のポータルサイト開設はドコモ、au、ソフバン3社への無言の圧力か

自分の使用している携帯電話料金が安くなるなんて、これまで誰も想像していなかっただろう。これまで幾度となく政府が携帯電話料金の値下げを、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社に提言していたが、見かけ倒しのプランなどを発表するだけであり、携帯電話料金はかさむ一方だっただろう。そんな中、菅内閣が発足。これまでになく携帯電話料金の値下げを本格的に提言する姿勢を取っており、多くのユーザーはもしかしたら……と期待した。しかし、ふたを開けてみれば、auとソフトバンクはまたしてもユーザーを騙しているともとれるようなプランなどを発表。多くの人々が落胆しただろう。
その後、ドコモやソフトバンクが実質の値下げを発表したものの、値下げの旗振り役の総務省はもう一手策を提出している。

総務省も本腰を入れている?

家計に占める携帯電話料金も相当なものだろう

 総務省は、「携帯電話ポータルサイト」を開設。そこには、「皆さん、自分にあった料金プランを選べていますか?」という1文が……。

 中を見ていくと、「実は、大手携帯会社4社のサービスを利用する方のうち、40%以上の方が月当たり20GB以上※の料金プランを契約していますが、実際に20GB以上を使っている方は約10%しかいない」と、統計を出しながら明記したり、「電話番号を変えずに乗り換える」「端末を変えずに乗り換える」などのユーザー自らスマホを安くできる方法を掲載したりしているのだ。

 中には、通信契約のキャンセルにかかる違約金について触れていたりと、総務省の携帯電話料金値下げに対する非常にアグレッシブなスタンスが見て取れる。大手キャリアの対策を待っていられないそこのあなたも、ぜひ一読してほしいサイトだ。

(Image:soumu.go.jp)

携帯電話ポータルサイト(暫定版)【総務省】

総務省、激おこ!? 携帯料金のポータルサイト開設はドコモ、au、ソフバン3社への無言の圧力かのページです。オトナライフは、【iPhone&Androidauソフトバンクドコモ携帯電話携帯電話ポータルサイト総務省】の最新ニュースをいち早くお届けします。