やはり人気絶大! iPhone 12、わずか2週間で“世界で最も売れたスマホ”に

世界的なスマートフォンブランドのiPhoneの人気が、またしても明確な数字として証明された。2020年10月にリリースされた「iPhone 12」、「iPhone 12 Pro」が、同月の5G対応スマホとして販売台数ランキングで1位・2位となったのだ。世界的にも熱狂的なファンの多いiPhone およびApple製品は需要の落ち込みがちだった2020年でもまったく衰えは見せていないようだ。
今回は、新機種が絶好調なスタートを切ったiPhoneのことについてお伝えしていきたい。

iPhone最新機種、月間売上台数で全世界ナンバーワンに

(Image:Kaspars Grinvalds / Shutterstock.com)

毎年のようにファンが待ち望む新機種をリリースし続けるiPhone

 香港にある調査会社・カウンターポイントは21日、10月における全世界の5G対応スマホの販売台数ランキングを発表。そのランキングで1位となったのは、前述のとおりiPhone 12。2位にもその上位機種であるiPhone 12 Proが入り、新型iPhone2機種でワンツーを決める格好となった。
 さらにiPhone 12の販売シェアは16%、iPhone 12 Proも8%だったことも明らかとなっている。シリーズ全体で24%、実に10月に販売された5Gスマホの4台に1台を占めたことになる。全世界ともに予約開始が10月16日、発売が23日だったことを考えると、わずか半月でこの台数を売り上げたところに人気の高さが如実に表れていると言えるだろう。

 また加えて言うならば、このランキングには11月初旬に販売された同シリーズの「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」は含まれていない。3位に入った韓国・サムスン電子の「Galaxy Note20 Ultra」がシェア4%と、iPhone 12・iPhone 12 Proに比べて振るわなかった点を考えると、11月のランキングで表彰台がiPhone 12勢で埋め尽くされることも十分にあり得る話だ。

やはり人気絶大! iPhone 12、わずか2週間で“世界で最も売れたスマホ”にのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone12】の最新ニュースをいち早くお届けします。