LINE Pay残高にチャージできないときの4つ原因と対処方法を詳しく解説

LINEユーザーが手軽に利用できるスマホ決済サービス「LINE Pay」。「Visa LINE Payクレジットカード」を持っていない人は、基本的にLINE Pay残高にお金をチャージしないと使えないが、なぜか失敗してチャージできないことがある。そこで今回は、LINE Payにチャージできない4つの原因と、それぞれの対処法について解説しよう。

残高チャージが失敗する原因は大きく分けて4つ!

 日本国内だけで8,400万人ものユーザーを抱えるSNSアプリ「LINE」。そのLINEユーザーが手軽に使えるQRコード決済サービスが「LINE Pay」である。現在では「Visa LINE Payクレジットカード」を登録しておけば、チャージ&ペイが利用できるため、わざわざ残高チャージする必要はないが、「Visa LINE Payクレジットカード」を持っていない場合は、面倒でも残高チャージして決済することになる。
 だが、いざLINE Payに残高チャージしようとすると上手くいかない人もいるだろう。残高チャージが失敗する理由はいくつかあるが、ここでは「銀行口座」「コンビニ」「LINE Payカード」「その他」の4つに分け、それぞれの原因と解決方法を解説する。

そもそも「Visa LINE Payクレジットカード」を登録すれば、チャージ不要の“チャージ&ペイ”が利用できる(クレカ決済)。そうでない場合は、貯まったLINEポイントかチャージした残高で決済することになる

LINE Pay残高にチャージできないときの4つ原因と対処方法を詳しく解説のページです。オトナライフは、【マネーLINE payQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。