【Google Meet】の使い方を解説! ハングアウトやGoogle Chatとの違いも紹介

「Google Meet」の使い方をご存じだろうか。「Google Meet」はオンラインでビデオ会議を行うツールだ。これまで「Google Meet」を使ったことがなかった方も昨今の事情で新たに導入した方も多いだろう。本記事では「Google Meet」の使い方を紹介する。

「Google Meet」とは

(Image:rafapress / Shutterstock.com)

 「Google Meet」をご存じだろうか。「Google Meet」はオンラインでビデオ会議を行うためのツールだ。昨今のリモートワークやIT化の流れで「Google Meet」を採用した企業も多い。本記事ではこれから「Google Meet」を使う方に向けて「Google Meet」の使い方をくわしく解説するが、そもそも「Google Meet」というビデオ会議ツールをはじめて聞いた方も多いはずだ。はじめに、「Google Meet」とはどのようなビデオ会議ツールなのか「Google Meet」の概要を見ておこう。

・Googleが開発したビデオ会議用アプリ

 「Google Meet」はその名の通り、Googleが開発して運営しているビデオ会議ツールだ。「Google Meet」は他のビデオ会議ツールと異なりブラウザ上で動作するブラウザ版のみの提供だ。そのため、どのPCからでも自由に「Google Meet」で行われるビデオ会議に参加することができる。なお、Google的にはやはり同社のブラウザであるChromeで「Google Meet」を利用する方法を推奨している。
 なお、「Google Meet」はPC以外にもスマホやタブレットに対応しており、「Google Meet」アプリをスマホ・タブレットにインストールすることで、PC・スマホ・タブレット問わずそれぞれの端末間で「Google Meet」によるビデオ会議を行うことが可能だ。

「Google Meet」はGoogleが開発したビデオ会議システムであり、参加同士でビデオ会議を行うことができる。また、参加者をGoogleの連絡先から追加したり参加同士の画面を共有したりできる

・おもな機能

 「Google Meet」の主な機能を紹介しよう。「Google Meet」は一般的なビデオ会議ツールに搭載されている基本的な機能についてはすべて網羅されていると言っていいだろう。通常のビデオ会議機能だけでなく、音声通話機能、チャット機能及びこれらの録音・録画機能も搭載されている。使い方も大きく異なる部分はないため、Zoomなど他のビデオ会議ツールで利用していた機能については不自由なく「Google Meet」でも活用できる。また、「Google Meet」にはこれらの基本機能以外にもGoogleならではの機能がいくつか搭載されている。
 例えば、「Google Meet」では会議を作成する際にGoogleカレンダーと連動してスケジュール管理することができる機能やGoogleの連絡先から簡単にビデオ会議へ参加者を誘うことができる機能などがある。また、「Google Meet」ではビデオ会議のストリーミング機能や画面共有機能、リモート操作機能もあるため他のビデオ会議ツールよりも多くのことを「Google Meet」ではこなすことができるといえる。

【Google Meet】の使い方を解説! ハングアウトやGoogle Chatとの違いも紹介のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle ChatGoogle ChromeGoogle MeetGoogleカレンダーGoogleハングアウトオンライン会議テレワークビデオ会議】の最新ニュースをいち早くお届けします。