絶対王者も安泰じゃない? Apple Cardの日本進出でQRコード決済のシェア争いが激化!

みなさんは「Apple Card」をご存知だろうか?Apple Cardとは名前にもあるように、「iPhone」などで知られるAppleが開発したクレジットカードだ。日本ではまだサービスの提供は開始されていないが、「Appleのクレジットカード」ということで世界中のファンから大きな注目を集めている。
今回は、Apple Cardについてや、Apple Cardが日本に進出した場合にどんな変化が想定されるかをお伝えしていきたい。

革新的なクレジットカード・Apple Card

(Image:Primakov / Shutterstock.com)

Apple Cardが世界各地で使えるようになるのはいつの日か

 Apple Cardは「クレジットカードである」と先にお伝えしたが、私たちがよく知っているクレジットカードとは少々毛色が違う。物理的なカードも存在するものの、メインはiPhoneや「iPad」で使えるスマホ決済「Apple Pay」で利用できる“デジタルカード”のサービスなのだという。さらに物理的なカードにしても、券面にはAppleのロゴと利用者の名前、ICチップしか存在しない。カード番号や有効期限はカードを見ただけではわからないようになっており、カード情報はICチップ内に登録されているためそこにアクセスしなければ情報を見ることはできないのだ。

 「カードに情報を記載しない」というこれまでの常識を覆す先進的な発想もあって、Apple Cardは2019年にアメリカ国内でサービスがスタートした直後から話題沸騰。アメリカでApple Cardを入手した日本人がその使用感をネット上で日本に向けて発信するなど、日本のAppleファンの間でも期待が高まり続けている。

絶対王者も安泰じゃない? Apple Cardの日本進出でQRコード決済のシェア争いが激化!のページです。オトナライフは、【マネーApple CardApple PayQRコード決済キャッシュレスクレカ】の最新ニュースをいち早くお届けします。