iPhone 12を充電する4つの方法! 付属品は「USB-C-Lightning」のみで電源アダプタなし

2020年10月発売のiPhone 12には「USB-C-Lightningケーブル」しか同梱されておらず、電源アダプタが付属しない。そのため「どうやってiPhone 12を充電すればいいの?」と戸惑って困っている人も多いという。そこで今回は、iPhone 12を充電する4つの方法を紹介しよう。これでiPhone 12を確実に充電できるぞ! 

iPhone 12の付属品はUSB-C-Lightningケーブルのみ

(Image:amazon.co.jp)

 2020年10月、待望のiPhone 12シリーズ(iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max)が発売された。しかし、iPhone 12シリーズでは本体よりも付属品のほうに注目が集まっているという。これまでのiPhoneには、有線イヤホン「EarPods」やLightningケーブル、電源アダプタが同梱されていたが、iPhone 12シリーズでは「USB-C-Lightningケーブル」しか同梱されていなかったからだ。
 そもそも、最近はBluetoothイヤホン(ヘッドフォン)を利用する人も増えているし、ワイヤレス充電器を使っている人も多い。したがって、余計な付属品を付けないことで値段が安くなるなら、そのほうがありがたいという意見もある。だが、その一方で「どうやってiPhoneを充電すればいいの?」といった戸惑いの声も聞かれるのだ。そこで今回は、iPhone 12を充電する4つの方法を紹介しよう。

(Image:apple.com)

2020年10月に発売されたiPhone 12シリーズ。一気にiPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Maxの4機種が発売されている

(Image:apple.com)

iPhone 12シリーズで同梱されるのは「USB-C-Lightningケーブル」のみ。電源アダプタがないとコンセントから充電することができない。写真はApple純正アクセサリの「USB-C-Lightningケーブル(1m)」

iPhone 12を充電する4つの方法! 付属品は「USB-C-Lightning」のみで電源アダプタなしのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone12LightningケーブルUSB-C】の最新ニュースをいち早くお届けします。