ソフトバンク、LINEモバイルユーザーに対し配慮なしの新プラン投入か

既存のLINEモバイルユーザーはどうなる?

(Image:Peter Austin / Shutterstock.com)

既存のユーザーへの配慮が少なすぎるのではないだろうか

 SoftBank on LINEという名前の通り、まさにLINEとの総合戦略でユーザーの囲い込みを目指すソフトバンクだが、一つ疑問なのが「現状のLINEモバイルユーザー」への対応だ。まず新規受付に対しては、今後対応を終了する予定だと見通しを発表している。そして既存のユーザーに対しては「現在の契約内容」のままサービスを受けられる処置となっているようだ。
しかし各社「値下げ合戦」の中で次々新プランを発表したりしているだけに、今後さらなる格安プランが登場するのは必須。現存のプランで留まるメリットはなさそう。「あのCMの本田翼のダンスが好きだったからLINEモバイルにした」のようなよほどLINEモバイルというブランドへのこだわりを持った人以外は、現行のプランに居続ける理由はないだろう。企業としてサービスを使用してくれていた、LINEモバイルユーザーに対してもう少しの配慮があっても良かったのではないだろうか。

 20GBの大容量かつ、安価の新プランは確かに多くの消費者にとって魅力的だ。しかし「容量少なくてもいいから安くしたい」という気持ちでLINEモバイルを契約していたユーザーはどうなるのか。今後もLINEモバイルに残りたいユーザーとしては、今回から「2度とプランの見直し」ができなくなるのならば、新ブランド立ち上げまでの今のうちに「最後の契約プラン」として、今一度見直してほうがいいかもしれないだろう。

参照元:「サービスは継続します」LINEモバイルが今後のサービスについて案内【ケータイ Watch

※サムネイル画像(Image:NP27 / Shutterstock.com)

ソフトバンク、LINEモバイルユーザーに対し配慮なしの新プラン投入かのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidLINEモバイルソフトバンク携帯電話】の最新ニュースをいち早くお届けします。