ガソリン車に誤って軽油を入れるとどうなるの? レンタカーを借りたときなどは注意!

レギュラー車にハイオクを入れても問題なし!

 それでは、燃料を間違えた場合を個別に解説しよう。まず、「レギュラー車にハイオクを給油した場合」はとくに問題はない。昔、筆者の知り合いに「パワーが出るし洗浄効果もあるから」と言って、レギュラー仕様の国産スポーツカーに高価なハイオクを入れていると自慢している人がいたが、実際にはその効果はわずかなので、レギュラー車にムダに価格が高いハイオクを給油する意味はないのである。
 だが、逆に「ハイオク車にレギュラーを給油した場合」は規定のパワーが出なかったり燃費が悪くなるほか、古い車では稀にノッキングを起こす可能性がある。このような理由から、ハイオク車なのに、燃料代をケチってレギュラーを入れるのはおすすめできない。

(Image:RoClickMag / Shutterstock.com)

日本車しか乗ってこなかった人が、中古で外国車を買ったとき、つい価格の安いレギュラーを入れてしまうことがあるらしい

ガソリン車に軽油を入れると大変なことになる!

 燃料間違いで注意してほしいのは、「ガソリン車に軽油を給油した場合」だ。そもそも、ガソリン(レギュラー/ハイオク)と軽油は性質が異なるため、エンジン内での燃料の方法も異なる。したがって、ガソリン車に軽油を入れると、不完全燃焼でパワーが出ず、マフラーから黒煙が出る。そして、最後はエンジンが停止してしまうのだ。実際、筆者は高速道路のガソリンスタンドでこれをやられたことがあり、最初はガソリンが残っているのでなんとか走れるが、やがてノッキングが始まりパワーが出なくなる。異常に気付きなんとか次のパーキングエリアまで走れたが、そこでJAFを呼んで、軽油を全部抜いて洗浄したうえでガソリンを入れ直したため、後処理がかなり面倒であった。
 もちろん「ディーゼル車にレギュラーを入れた場合」も面倒なことになる。軽油に比べガソリンは潤滑性が低いため、エンジンは作動していてもマフラーから白い煙が出てパワーが出なくなる。最終的にはエンジンが壊れて修理費用が数十万円単位でかかるケースもあるのだ。

もし、間違ってガソリン車に軽油を入れてしまうと、ノッキングが起きてエンジンが停止してしまう。普段、ディーゼル車に乗っている人がレンタカーを借りたとき、つい癖で軽油を入れてしまうことがあるそうだ。気を付けよう

(Image:Teddy Leung / Shutterstock.com)

それまでガソリン車に乗っていた人がディーゼル車に乗り換えたとき、ついうっかりレギュラーを入れてしまうことがあるらしい。最悪の場合はエンジンが壊れるので注意しよう(写真はマツダのディーゼル車)

 いかがだろうか? ガソリン車で「レギュラー」と「ハイオク」を間違えて給油してもさほど大きな被害はないが、「ガソリン(レギュラー&ハイオク)」と「軽油」を間違えると、エンジンが停止したり最悪の場合はエンジンが壊れることもある。万一、間違えて給油したことに気付いたら、ただちに停車して適切に後処理をしよう。 

参考元:なぜ減らない「燃料入れ間違い」 ガソリン車に軽油はNG! ハイオク車にレギュラーはどうなる?【くるまのニュース

ガソリン車に誤って軽油を入れるとどうなるの? レンタカーを借りたときなどは注意!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフガソリンガソリンスタンドハイオクレンタカー給油口】の最新ニュースをいち早くお届けします。