Apple Payが大躍進する可能性が浮上! iPhoneがますます人気になるかも?

あなたはもう街中でキャッシュレス決済を行う人々の姿に慣れたことだろう。2018年の10月以来、破竹の勢いでシェアを拡大していくQRコード決済はもはやキャッシュレス決済の代名詞とも呼ばれるサービスである。中でも、QRコード決済の王者「PayPay」は、「100億円あげちゃうキャンペーン」など注目度の高い企画で一気に知名度を上げた。また、「楽天ペイ」は還元率の良さや楽天経済圏の創出などで利用者の満足度を上げている。
そんなQRコード決済隆盛期の中で、ついに「Apple Pay」が動き出そうとしているとかいないとか……。
今回はApple Payのおさらいと今後の動向に迫っていきたい。

そもそもApple Payを知っているだろうか

(Image:LightField Studios / Shutterstock.com)

Apple Payを使っている人を見たことはある?

 iPhoneユーザーでない限り、あまり聞く機会がないかもしれないApple Pay。Apple Payとは、iPhoneやApple Watchで使える決済サービスのことであり、おサイフケータイ機能のiPhone版という立ち位置だ。しかし、おサイフケータイとは違い、「QUICPay」と「iD」以外の「nanaco」、「WAON」といった電子マネーサービスは利用できない。さらに、交通系ICカードサービスは現在「Suica」のみの対応である。

 つまり、Apple Payの取り扱い時に注意しなければならないのは、QUICPayやiD、Suicaに対応しているお店でしか利用できないということ。利用者からすれば、正直使いどころが難しいと思われているかもしれない……。

Apple Payが大躍進する可能性が浮上! iPhoneがますます人気になるかも?のページです。オトナライフは、【マネーApple PayQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。