中国で市民権を得ているアプリの中で動くアプリ「ミニアプリ」って何?

中国では今、「ミニアプリ」と呼ばれる「アプリの中で動くアプリ」が市民権を得ている。ユーザーのデジタル経験を大きく変える可能性を秘めるこのミニアプリ。実は日本でも現在「LINE」が手がけ始めているのをご存じだろうか。SNS最大手のLINEがサービスに乗り出したということは、今後日本でも定着していくことが予想される。
今回は、聞き慣れないミニアプリについて詳しく説明していく。「私たちの生活がどう変わるの?何が便利になるの?」と正直イマイチよくわからないミニアプリだが、その真実とは…。

スマホでのユーザーの経験をワンランク上げる可能性を秘めている

中国ではもはやミニアプリは当たり前

 昨今急激なキャッシュレス化が進む日本だが、諸外国から見るとその流れは遅いくらい。ということは一足先にキャッシュレス化が進んでいる諸外国をのぞけば、日本で今後「デジタル文化」として“何が流行るか”を予測することができるだろう。キャッシュレス化が進む中国では現在ミニアプリが急増しているという。ミニアプリとは、2017年に中国のコミュニケーションアプリ「WeChat」が搭載した新たなアプリの一種。メインのアプリ内でサブのアプリを稼働させる、いわば「アプリ内で動く小さなアプリ」と言えるものだ。中国ではミニアプリは登場とともに爆発的な普及を見せ、「アリペイ」、「百度(バイドゥ)」などの大手アプリにも展開が広がり、その後も市場規模は拡大し続けている。

 ミニアプリの具体的なメリットとしては、メインのアプリと紐づけることでさまざまな連動サービスをワンタップで利用できること。例えば、会員登録の情報入力の煩わしさも、ミニアプリを使用すればQRコードをスキャンするだけで、メインアプリの情報を引用することが可能。スキャンするだけで、すぐにサービスの利用が開始できる。その他、決済情報なども打ち込むことなく使用できるようになる。中国では、スキャンだけで「サービス登録が完結する」そんなサービスが当たり前なのだ。

中国で市民権を得ているアプリの中で動くアプリ「ミニアプリ」って何?のページです。オトナライフは、【アプリLINEミニアプリWeChatアプリアリペイミニアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。