王者paypayがスマホアプリの総ダウンロード数で貫録の3位にランクイン!

2020年のスマホアプリの動向調査の結果が発表。在宅の娯楽や、デジタル化など世相を色濃く反映する結果となった。その中で着実に上位に食い込んだキャッシュレス決済アプリがあった。
サービス戦争となっているキャッシュレス決済サービスだが、ダウンロードやユーザーの数という結果だけでみると1強となっているようだ。ここまで差が開いてしまっては、牙城(がじょう)を崩すのは困難かもしれない。

アプリのランキングを見ればその年が分かるかも

(Image:rvlsoft / Shutterstock.com)

2020年最もダウンロードされたアプリは…

 「App Annie Japan」が発表したスマホアプリの調査結果によると、2020年の世界全体のアプリ総ダウンロード数は、「iOS」と「Google Play」を合計して1300億を突破する見込みであることが分かった。この数字は前年比10%増である。
 内訳をみていくと、ダウンロードの成長率では、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」が1位になっている。2020年という時代を表す結果と言えるのではないだろうか。また、「リモートワーク」や「オンライン飲み」などの流れで一躍知名度を上げた「Zoom」を始めとするビデオ会議アプリも軒並み大幅な成長を見せているようだ。そのほかにも「フードデリバリーアプリ」や「電子漫画アプリ」なども伸びたジャンルだ。社会全体がアナログからデジタルに大きく移行している世の中の流れが読み取れる。
 娯楽としても「サブスク」や「配信」といった従来の「ライブ」や「施設での鑑賞」といった“足を運んで楽しむ”とは違うエンターテインメントの楽しみ方を提供するアプリの需要が高く伸びていることも分かった。

王者paypayがスマホアプリの総ダウンロード数で貫録の3位にランクイン!のページです。オトナライフは、【アプリAndroidGoogle PlayiOSiPhonePayPayQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。