7人に1人が現金を利用していない現実! キャッシュレス化でお札の顔を知らない人続出?

ここ最近、あなたの周りでキャッシュレス決済はどれほど利用されているだろうか。2016年の調査ではキャッシュレス決済比率が20%にも届かず“キャッシュレス後進国”とまで言われていた日本だが、近年猛烈な速度で巷に浸透してきている。先日行われた調査でもその浸透ぶりがありありと伝わる結果となっており、その注目度は増すばかりだ。
今回は、順調に進むキャッシュレス化についてご紹介していく。

7人に1人が“現金離れ”している現実

キャッシュレスが進むと「お札の顔が誰かわからない」という人も増えるのかもしれない

 マーケティングリサーチ会社・MMD研究所が2020年11月、「【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査」を実施。全国20,000人を対象に決済方法等を調査した。その中で「直近3カ月で現金決済を利用した人」は、86.2%に留まることが明らかとなった。およそ7人に1人が、3カ月間現金を利用していないという。さらに財布に入れている現金の金額も「5,000円未満」が最多で23.3%となったのを筆頭に、60%以上の人が15,000円未満の範囲に収まる、という驚きの結果が明かされた。

 これは当然、「買い物をしない」というわけではなく、現金決済に代わってキャッシュレス決済が台頭してきたという証だろう。わずか10年ほど前はほとんど「現金かクレジットカードか」という世の中だった日本だが、“現金離れ”が一気に広まったようだ。また、「日本国内のキャッシュレス化への体感」についても60%以上が「進んでいると思う」と回答。2020年1月の同調査と比べて10ポイント以上増加しており、2020年は消費者の視点から見てもキャッシュレス化が大きく前進した1年となったことがうかがえる。

7人に1人が現金を利用していない現実! キャッシュレス化でお札の顔を知らない人続出?のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ現金払い】の最新ニュースをいち早くお届けします。