iOSの更新を怠っていると100メートル離れたところからiPhone内のデータを盗み出せる?!

「iPhone」のOSに脆弱性があったことが「Google」のセキュリティ研究者によって発表された。遠隔にて重大な情報にアクセスされる危険性があったようだ。幸い現状で被害は報告されていないようだが、実際はどうだったことやら。
今回は、そんなスマホの脆弱性について、気をつけるべき点について迫っていく。あなたは最後にOSを更新したのはいつだったか覚えているだろうか?

100m離れたところから、あなたのiPhone覗かれているかも

(Image:Cincila / Shutterstock.com)

iPhoneユーザーは危険にさらされていたようだ

 Googleのセキュリティ研究者の発表によると、不正アクセスによって100メートル離れた場所からでもiPhoneの内部データを盗み出せる状態であったことが判明した。
 同研究所の公開した動画では、離れた部屋からiPhone 11 Proに不正にアクセスを行い、写真や動画を盗み出す一連の流れが撮影されていた。さらにこの方法を使えばメールや写真、メッセージ、iCloudキーチェーンなどの個人データにもアクセス可能だったという。不正アクセスはAirDropを始めとする端末間の共有システムを悪用する手段を用いており、2つのWi-Fiアダプターと100ドルちょっとの資金があれば再現可能で、公開された手口でもわずか数分、さらに設備を整えるとわずか10秒で情報を抜き出せるとも報告していた。

 同研究所ではこの問題を公表する前に「Apple」に報告。既にこの脆弱性を解決するOSの修正パッチをAppleでは配布済みなので最新のOSを使用している人は安心してほしい。
 Appleの広報担当者によると「今後この脆弱性が悪用される可能性は低い」と発表をしている。一つ目の理由としては、ハッキングが起きるシチュエーションが「同じWi-Fiの範囲内に端末がある場合」と実に限られている点。もう一つが「ユーザーの大半はOSを最新版に保っているから」とのこと。

iOSの更新を怠っていると100メートル離れたところからiPhone内のデータを盗み出せる?!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidAppleGoogleiOSiPhoneセキュリティ】の最新ニュースをいち早くお届けします。