家賃の振込手数料を無料にできるネット銀行おすすめ5選! 年間5,000円以上節約できる

大手都市銀行「みずほ銀行」の他行宛て振込手数料(3万円以上)はATMで1回440円もかかる。つまり、毎月支払う家賃の振込手数料だけで、年間5,280円もかかっているのだ。そんなときはネット銀行がおすすめ! 他行宛て振込手数料が無料になるネット銀行を利用すれば、家賃の支払いだけで年間5,000円以上節約できるぞ! そこで今回は、他行宛て振込手数料が無料になるお得なネット銀行を5つ紹介しよう。

住信SBIネット銀行は最低ランクでも月1回無料!

 アナタは毎月支払う家賃をどうしているだろうか? たとえば、大手都市銀行の「みずほ銀行」で他行宛てに振り込む場合、3万円以上の手数料は、窓口で990円、ATM(現金)だと660円、ATM(キャッシュカード)やモバイルバンキング(みずほダイレクト)でも440円はかかる。つまり、いちばん安いATM(キャッシュカード)を利用しても年間5,280円もの手数料を取られているのである。
 そこでおすすめしたいのが、他行宛て振込手数料が無料になるネット銀行だ。多くのネット銀行では利用状況に応じたランクによって月に数回は他行宛て振込手数料が無料になるのである。たとえば、住信SBIネット銀行(NEO BANK)では「スマプロランク」というランクシステムがあるが、最低ランクの「1」でも月1回は他行宛て振込手数料が無料になる。しかも、住信SBIネット銀行では「定額自動振込サービ」が無料で利用できるので、家賃の振り込みをうっかり忘れることもない。つまり、ネット銀行を利用するだけで大手銀行よりも年間5,280円も得する計算になるのだ。

(Image:netbk.co.jp)

住信SBIネット銀行では、「スマプロランク」で他行宛て振込手数料の無料回数が変化する。最低ランクの「1」でも月1回は無料になるが、ランク4になれば月15回も無料になる

(Image:netbk.co.jp)

「定額自動振込サービス」では、決まった金額を毎月同じ相手に自動的に振り込んでくれるので、家賃の振り込みを忘れることはない。しかも手数料は無料である

家賃の振込手数料を無料にできるネット銀行おすすめ5選! 年間5,000円以上節約できるのページです。オトナライフは、【マネーソニー銀行ネット銀行住信SBIネット銀行新生銀行東京スター銀行楽天銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。