「Uber Eats(ウーバーイーツ」って何? 仕組みや手数料、配達でどれくらい稼げるかなど解説!

フード・デリバリーサービスの代表格「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。いっこうに収まらないコロナ禍でリモートワークを強いられても、料理を家まで配達してもらえる心強いサービスだ。また、収入が減って副業として「Uber Eats」を始めたいと思っている人もいるだろう。でも、「Uber Eats」って何なの? どうやって始めればいいの? と疑問に思っている人も多いはず。そこで今回は、今さら聞けない「Uber Eats」の仕組みや始め方などを解説するぞ。

「Uber Eats」って何? どんな仕組みになっている?

(Image:LCV / Shutterstock.com)

 古くから日本のそば屋や寿司屋には「出前」があったし、最近ではピザの配達サービスも普及している。そんな中、コロナ禍の影響で急速に利用者が増えているのが、フードデリバリーサービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)」だ。でも、「Uber Eats」と「出前」は何が違うのだろうか?
「Uber Eats」が出前と決定的に違うのは、何といっても本来は出前をしてもらえない飲食店の料理も配達してもらえること。もちろん、配達パートナーも配達で収入が得られるし、飲食店にすれば「Uber Eats」のおかげで出前の人を雇う必要がなく、売り上げが上がるので、みんなにメリットがあるシステムなのだ。

(Image:DELBO ANDREA / Shutterstock.com)

「Uber Eats」で料理を頼む人のメリットは、本来配達してもらえない飲食店の料理を届けてもらえること。もちろん、配達パートナーや飲食店にもそれぞれメリットがあるサービスだ

「Uber Eats(ウーバーイーツ」って何? 仕組みや手数料、配達でどれくらい稼げるかなど解説!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフUber Eatsフードデリバリー出前館】の最新ニュースをいち早くお届けします。