2021年は楽天ペイ元年か!? ついにPayPayを追い越すかもしれないわけとは?

官民が一体となり、急ピッチで進められているキャッシュレス決済の普及促進。数年前まで認知度も高くなく世間にあまり浸透していなかったQRコード決済も、2021年を迎えた今では利用者は格段に増え続けている。キャッシュレス決済は、「お金に触れなくてよい」「ポイントが貯まる」「会計が早い」など、多くの利点がある。そんな中で大きな躍進をしているのがQRコード決済の王者「PayPay」。「100億円あげちゃうキャンペーン」など注目度の高い還元企画により、認知度を一気に向上し、利用者を増やした。しかし、2021年は「楽天ペイ」がPayPayを追い越す可能性がある。
今回は、QRコード決済のシェアと楽天ペイの可能性に迫っていきたい。

PayPayの利用率は今どうなっている?

今後キャッシュレス決済の利用者が減るなんて誰も想像できないほど

 株式会社インフキュリオン(本社:東京都千代田区、代表取締役:丸山 弘毅)は、「決済動向2020年12月調査」を実施。今回は、全国の16歳〜69歳男女5,000人を対象に、各キャッシュレス決済の利用動向(利用金額や利用回数)やニューノーマルにおけるデジタルシフトに関して調査した。

 インフキュリオンは、QRコード決済の利用率が調査開始以来、はじめて50%を超え、若年層だけではなく、幅広い年齢層で利用が定着していると見解を述べている。データでも着実にQRコード決済の利用者が増えていることがわかる。
 そんな中、QRコード決済各アプリの利用率の推移では、今回の調査では1位のPayPayが34%、2位の楽天ペイが15%だった。これまでのPayPayの利用率は2019年3月6%、2019年10月23%、2020年6月33%と、当初はうなぎ登りに利用率が上がっていたが、2020年6月と12月ではわずか1%しか増えていないのだ。

2021年は楽天ペイ元年か!? ついにPayPayを追い越すかもしれないわけとは?のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。