「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」の原因と対処方法を解説!

「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」というエラーの解決方法をご存知だろうか。本記事では「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」が表示されたときの解決方法を紹介するのでお困りの方はぜひ、本記事の対処法を試してほしい。

IPアドレスとは

 ブラウザでインターネットに接続しようとしたときに「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」と表示されて、接続できないといった現象でお困りではないだろうか。本記事では「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」の原因と対処方法について解説するが、「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」の原因と対処方法を理解するにははじめに、「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」というメッセージにも含まれているIPアドレスとは何かを知っておかなければならない。まずは「IPアドレス」とは何かについて解説する。なお、詳しい方であればIPアドレスにはIPv4とIPv6の二つがあることを知っているかと思うが本記事では便宜上IPv4で説明する。
 IPアドレスとはネットワーク内にあるサーバーや接続中の端末ごとに割り当てられる住所のようなものだ。実際には「192.168.10.1」や「172.1.10.2」など「0~255」までの数字4個をある範囲内(サブネットマスクで指定される範囲)で区切って利用している。
 IPアドレスは基本的に同じネットワーク内では重複することが許されず一意に設定されるため、ネットワーク内で情報のやり取りを行う際にはこのIPアドレスをもとにして通信ができるようになっているのだ。
 この点について抑えておけば今回の「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」というメッセージは、サーバーを指定するためのIPアドレスが分からなかったために、サーバーへ接続できなかったという意味のメッセージであることを理解できただろう。IPアドレスについてはまだまだ触りの部分しか説明できていないが、「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」のメッセージについて原因と対処方法を考えるだけであればこれくらいの知識があれば大丈夫だ。

「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」の原因は

 「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」が表示されるときに考えられる原因について解説していこう。「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」が表示されるときにはいくつかの原因が推測される。

・【原因①】DNSサーバーに該当ドメインが登録されていない

 通常、インターネットを利用するときにはGoogle ChromeなどのブラウザのアドレスバーにはIPアドレスではなく英数字を入力する。例えば「google.com」などだ。なぜこのようなことが可能なのか簡単に説明するとDNSサーバーと呼ばれるサーバーがこの文字とIPアドレスを対にして管理しているからである。DNSサーバーは通常自動で接続される設定になっているが、DNSサーバーを自分で指定することもできる。
 さて、「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」が表示されている状況を考えてみよう。この状況のときにはIPアドレス、つまり接続先が見つからない状況である。そのためDNSサーバーに該当のIPアドレスやドメインが登録されていないことが考えられる。

・【原因②】DNSサーバーがダウンしている

 前述の通り、DNSサーバーはドメイン名とIPアドレスを対応させるための役割を担っている。DNSサーバーがダウンしてしまうと「google.com」といった具合にドメインで接続しようとしてもIPアドレスが不明なため接続ができなくなってしまう。DNSサーバーがダウンしてしいる可能性があるときには、DNSサーバーを変更してみよう。

・【原因③】自身のネット回線に問題がある

 「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」と表示されるときには自身のネット環境に問題があるかもしれない。冒頭でIPアドレスについて紹介したが、実際のネットワークでは家庭内とインターネット世界はルーターを通してつながっている。そのため、ルーターの手前の家庭内ネットワークの通信は外側から見るとすべて同じ宛先からの通信に見えているのだ。
 同じ宛先に向けて送られてきたデータを正しく各端末に分配するのが各家庭にある「ルーター」だ。つまり、自身のネット環境下にあるルーターなどが不具合を起こしても、IPアドレスが見つからない状況になり「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」が表示されることがあるのだ。

・【原因④】ブラウザやキャッシュに問題がある

 「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」が表示される原因として、ブラウザなどのキャッシュに問題がある場合がある。この場合は同じネットワーク内の他の端末でそのサイトに接続することができる場合が多い。

「サーバーのIPアドレスが見つかりませんでした」の原因と対処方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスDNSサーバーGoogleGoogle ChromeIPアドレスキャッシュブラウザ拡張機能】の最新ニュースをいち早くお届けします。