QRコード決済、路線変更間近? バラマキキャンペーンから新たな局面へ

2020年に著しく利用ユーザーを増やした「QRコード決済」。みなさんの中にも「思い返せば日常的に使い始めたのは去年からだった」という人も多いのではないだろうか。2020年爆発的にユーザーが増えたのはサービスの充実だけでなく、実はある要因も大きな影響を与えていたようだ…。
今回はQRコード決済定着の秘密に迫っていくとともに、2021年の各社の動向についても予想していきたい。

コロナ禍がQRコード決済の利用率に大きな影響を

QRコード決済は国民の50%以上が利用したことのあるサービスに成長

 株式会社インフキュリオンの発表した「決済動向2020年12月調査」によると、「QRコード決済」の利用動向は2020年の1年で大きく向上。12月度には利用率が調査開始以来、初めて50%を超えたことが分かった。もはや日本国民にとってQRコード決済はなくてはならないサービスになっていることが読み取れる。
 2020年度の大きな成長には「新型コロナウイルス感染症」の影響もあったようだ。感染対策に沿ったニューノーマルな生活が利用に影響を与えたかという質問に対しては、44%の人が接触忌避などのために現金の利用が減少したと回答。感染リスク軽減というメリットを求めて66%もの人々がQRコード決済の利用を進めたことになる。調査結果の内訳を詳しく見ても2020年度3月期の利用率が12%だったにもかかわらず、翌月には2倍以上に利用率が向上している。新たな厄災がサービスの定着を加速させることになったのは明白だ。

QRコード決済、路線変更間近? バラマキキャンペーンから新たな局面へのページです。オトナライフは、【マネーau PAYd払いFamiPayLINE payPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。