シェア争いにも波紋を呼ぶ? 劣勢のLINE Payが放った一手とは

「LINE Pay」の「Apple Pay」への対応が開始するようだ。Apple Payに対応することで、ユーザーはアプリを立ち上げることなく、電子マネー「iD」の決済端末にかざすだけで支払いを行なうことができるようになる。
ユーザーとして利便性が上がり嬉しいこのサービスだが、実はそれだけに収まらない局面を変える大きな一手だと言えることが判明。Apple Pay対応でLINE Payの4月以降のユーザー数が大きく変わる?

アプリを立ち上げることなく支払いが可能に

iD決済は日本国内で広く使われている

 LINE Pay株式会社が2020年12月に行った発表によると、LINE PayのサービスのApple Payへの対応が開始。アプリ上からバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」を発行することで、iD決済への対応を可能としたという。
設定をすれば、アプリを立ち上げることなく店舗に設置されたiDの決済端末からLINE Pay支払いを行なうことができるようになる。iD決済は日本では早くから携帯端末に搭載されたこともあり、国内では121万箇所以上で使用することができる。また“非接触”という特性から、利便性だけでなく昨今の感染症予防の観点からも注目を集めており、今後ますますの普及が予想されている。LINE Payとしては、他社との差別化を図れる利便性の面での武器を手に入れたことで、今後ますます利用者の増加を見込めるはずだ。

シェア争いにも波紋を呼ぶ? 劣勢のLINE Payが放った一手とはのページです。オトナライフは、【マネーApple PayiDLINE payQRコード決済キャッシュレス電子マネー】の最新ニュースをいち早くお届けします。