「ZOZOTOWN」の返品送料は? 安い返品方法は? レターパックライト、定形外郵便など解説

「ZOZOTOWN」で自己都合で返品を行う際は送料を負担しなければ行けない。「ZOZOTOWN」に商品を返品する時の送料や安い返品方法を紹介するので、「ZOZOTOWN」ユーザーの方はいざという時の返品に備えて参考にしてほしい。

「ZOZOTOWN」の返品の送料は?

 ネットショップから実店舗までアパレル・ファッション業界のショップが非常に多く出店しており高品質で安い商品が魅力の「ZOZOTOWN」だが、「ZOZOTOWN」で購入した商品の返品にかかる送料についてご存じだろうか。「ZOZOTOWN」はオンラインショップのため、商品の写真はあるとはいえ実際に届いてみるとサイズが合わなかったりイメージが異なったりする場合もある。そのようなときには、商品の返品や交換を行う方が多いと思うが、「ZOZOTOWN」で商品の返品や交換を行おうと思うと、場合によっては商品を返品するための送料が必要となってくる。
 本記事では、「ZOZOTOWN」で商品を返品したい時になるべく送料が安い方法で、「ZOZOTOWN」へ商品を返品・交換する方法を紹介するがその前に、「ZOZOTOWN」で商品の返品・交換で送料を負担しなければ行けない場合と送料を負担しなくていい場合について解説する。「ZOZOTOWN」で買った商品の返品を考えている方は、自分の返品理由に合わせて送料を負担しなければいけないのか、送料は無料で返品・交換ができるのかを判断してほしい。

・返品するときの送料は基本的に自己負担

 「ZOZOTOWN」で商品を返品・交換する理由として、サイズが合わないやイメージと違うので商品を返品・交換したいと言った自己都合による返品には送料を負担する必要がある。そのため、あまりにも安い商品の場合送料を負担して返品・交換をお願いすると送料のほうが高くなってしまったり、ほとんど手元に返金額が残らなかったりする場合もある。
 サイズが合わない場合やイメージと違うなど自己都合による返品は、「ZOZOTOWN」がアパレル系のファッションサイトであることを考えると仕方がない部分あるが、やはり自己都合で返品・交換をお願いするときには送料と返品の手間が余計にかかってしまうので、「ZOZOTOWN」で商品を選ぶ際には返品・交換にならないようじっくりと、商品の写真や説明を読んでおきたい。

・届いた商品が不良品の場合は送料無料

 もし、「ZOZOTOWN」で購入した商品に不良があり返品したいと言うのであれば返品・交換の送料はもちろん無料だ。「ZOZOTOWN」の場合、不良品は送料無料での返品または交換の対応になるが、場合によっては交換はできずに返品・返金対応となる場合がある。交換については商品の在庫など商品次第なので、「ZOZOTOWN」で買った商品に不良が合った際には早めに、「ZOZOTOWN」側へ問い合わせを行って返品や交換の対応をお願いしよう。
 また、この場合は送料も無料なので「ZOZOTOWN」で購入時に商品が入ってきた箱など手頃な箱をチョイスして問い合わせで指定された方法で、「ZOZOTOWN」へ商品を返品するだけだ。

ZOZOTOWN」送料自己負担の返品の場合のルールは?

 「ZOZOTOWN」で送料を負担して返品・交換を行う自己都合による返品・交換には、返品までの期間にルールが定められている。この期間を超えてしまうと自己都合では商品を返品することができなくなってしまうので、商品が手元に到着したらすぐに商品を確認して返品する必要がある場合には、早めに返品の問い合わせを行うことをおすすめする。

・商品が到着してから7日以内に返品手続きを行う

 「ZOZOTOWN」で自己都合による返品・交換が可能な期間は「ZOZOTOWN」で購入した商品が到着してから7日以内と定められている。この日数を超えてしまうと自己都合で商品の返品や交換は行うことができなくなってしまうので注意が必要だ。
 なお、この期間は「ZOZOTOWN」へ返品・交換の問い合わせを行うことができる期限だ。「ZOZOTOWN」へ返品・交換の問い合わせを行った後は、さらにその問い合わせを行った日から規定の日数以内に、商品を自分で返送しなければならない。

「ZOZOTOWN」で購入した商品が到着から7日間を経過してしまうと、商品の返品ボタンが押せなくなってしまう。商品を返品・交換したいと思っている方は早めに「ZOZOTOWN」へ返品・交換の問い合わせを行う必要がある

・返品手続きから7日以内に返品する

 「ZOZOTOWN」へ商品の返品・交換の問い合わせを行うと、「ZOZOTOWN」から登録されているメールアドレス宛に返品・交換を受け付けた旨のメールが届く。このメールからさらに7日以内に、「ZOZOTOWN」へ商品の返品を行わなければならない。「ZOZOTOWN」へ商品の返品・交換を問い合わせたのならば早めに商品の返品を終わらせてしまおう。商品を「ZOZOTOWN」へ返送しなければ返金も受けることができない。「ZOZOTOWN」の返金は、「ZOZOTOWN」へ返送した商品を「ZOZOTOWN」側が検品してから行われるので、高額商品などなるべく早く返金してほしい商品であれば、その分問い合わせや返品も早く行う必要がある。

「ZOZOTOWN」の安い返品方法は?

 これまでの説明で「ZOZOTOWN」に自己都合で商品を返品・交換を行うには自分で送料を負担して返品しなければいけないということが分かった。これと同時に多くの方はなるべく安い方法で返品を行いと思ったはずだ。そこでこれから、「ZOZOTOWN」に商品を返品する際に使うことができる送料が安い返品方法をいくつか紹介しよう。
 そもそも「ZOZOTOWN」で購入できる商品には安いものが多いので、送料も安い方法を選ばなければせっかく返金されても、送料と差し引きでほとんど手元に残らない可能性だってある。安い商品を返品するときこそ安い返品方法を選ぼう。
 なお、安い返品方法と言っても商品が返品中に破損してしまった場合、「ZOZOTOWN」では商品の返品・交換を受け付けることができなくなる。いくら安い発送方法だからと言って商品の保護がおろそかになるような発送方法は行わないようにしたい。

・返品方法に指定はないので安くすむ方法で送るべし!

 世の中には同じ大きさ・重さでも配送業者配送方法によって安い業者と高い業者がある。「ZOZOTOWN」では商品の返品・交換に指定の業者はないのでなるべく安い方法で、返品・交換を行うのがベストだ。
 その中でも今回は「ZOZOTOWN」で購入することが多いシャツやパンツなど、衣料品を安く送ることができるレターパックや定形外郵便物について紹介する。なお、「ZOZOTOWN」で購入時に商品が入ってきた袋や箱を使ってもよいが、場合によっては商品に対して袋や箱が大きすぎる場合もあり、送料が高くついてしまう場合もあるのでこれらの袋・箱を利用する際には注意だ。

・靴やブランド商品の箱の場合は一緒に返送する必要がある

 「ZOZOTOWN」で商品を購入した際、商品は「ZOZOTOWN」の箱に梱包されてくるが、靴やブランド品の場合「ZOZOTOWN」の箱のなかにさらに靴や商品のブランドの箱が入っている場合がある。この場合、「ZOZOTOWN」の箱は返送する必要はないが、靴や商品のブランドの箱は一緒に返送する必要がある。
 「ZOZOTOWN」側での検品時にこれらの箱がなければ「ZOZOTOWN」が返送を受け付けてくれずに、返金されない場合もある。そのため、靴やブランド品を「ZOZOTOWN」に返品する際には必ずそれらの箱をつけるようにしよう。なお、この場合ブランド品の箱も商品の一つであるので、箱をつぶしたり畳んだりするのはNGだ。「ZOZOTOWN」の箱に入っていた状態で商品をブランド品の箱の中に入れて、その箱を丁寧に梱包して「ZOZOTOWN」へ返品しなければ行けない。間違っても、ブランド品の箱にそのまま伝票を貼って送るような行為はしないようにしよう。

・レターパックライトで送る場合

 ズボンやスカート、数枚程度のシャツを「ZOZOTOWN」へ返品したいときにはレターパックライトが最適だ。レターパックライトはコンビニや郵便局で370円で購入できる。レターパックライトは全国送料一律で370円であり、コンビニや郵便局でレターパックライトを購入した際に支払う。
 レターパックライトを購入すると折りたたまれた厚紙の封筒を渡される。これがレターパックライトであり、この中に送りたい商品を入れてポストに投函するだけでいい。レターパックライトはA4を少し大きくしたような大きさであり最大3cm、4kgまで厚み、重みをもたせることができる。
 また、返品したい商品の量が多いときにはより大きな封筒であるレターパックプラスも利用できる。レターパックプラスは520円であり、厚みの制限がなくなり4kgまでの商品を日本全国送料一律で返送することができる。また、レターパックは暑さや重さが規定内でその封筒の中に入っているものであれば発送可能なので、レターパックプラスを箱型に折り曲げて発送することもできる。なお、レターパックプラスもレターパックライトと同様にコンビニや郵便局で購入可能だ。

・定形外郵便で送る場合

 郵便局で軽いがある程度大きいものを送りたいときには定形外郵便物で送るのも安い発送方法の一つだ。定形外郵便物は重さで料金が決まり全国送料一律だ。
 「ZOZOTOWN」の場合、服やシャツなど軽めのものを返品することが多いだろう。そのような時に利用できる。レターパックライトと比べて安い方を使えばいいが、定形外郵便物の場合追跡番号がないため少し不安だ。

「ZOZOTOWN」の返品についての問い合わせ先は?

 「ZOZOTOWN」では商品の返品・交換前に問い合わせを行う必要がある。問い合わせを行ってから、問い合わせ受付メールを受け取って商品を返品する流れだ。

・公式サイトからのメールかチャット

 「ZOZOTOWN」に商品の返品について問い合わせを行いたい時の方法を紹介する。「ZOZOTOWN」への問い合わせは公式サイトを利用する。

「ZOZOTOWN」公式サイトにアクセスしたら、画面右上のメニューボタンから「よくある質問」をクリックする

質問ページの下部に「お問い合わせはこちら」というボタンがあるので選択しよう

今回は商品の返品についての問い合わせなので、「ご注文後のお問い合わせ」を選択する

問い合わせ内容を記載して、メールまたはチャットで問い合わせを行おう

・カスタマーサポートセンター

 「ZOZOTOWN」には電話によるカスタマーセンターもある。「ZOZOTOWN」のカスタマーセンターの電話番号は「0120-55-0697」だ。

・商品の返品先は?

 「ZOZOTOWN」の商品の返送先は返品を受け付けた際の「ZOZOTOWN」からのメールに記載されている。このメールに記載されている返送先に商品を返送しよう。

「ZOZOTOWN」の返品交換条件は?

 「ZOZOTOWN」には返品ができない商品もある。「ZOZOTOWN」で返品ができない商品の一例を紹介するので参考にしてほしい。なお、これらの商品でも商品自体に不良がある場合には返品できるので、「ZOZOTOWN」へ問い合わせてほしい。

・返品交換ができない商品一覧

 「ZOZOTOWN」で自己都合による返品ができない商品には、下着や水着・化粧品といった衛生商品やギフトラッピングを行った商品、福袋等が挙げられている。また、あまり商品の取扱は目にすることはないがフィギュアや雑誌も自己都合による返品はできない商品の一例だ。
 その他、商品ページに返品・交換不可と書いてあったり商品を破損・汚損した場合も返品・交換は行うことができないので注意が必要だ。また、次に紹介するタグについても注意したい。

・タグを切ってしまった場合は返品不可になる

 「ZOZOTOWN」で商品を返品する際に注意したいポイントが商品についている「タグ」だ。「ZOZOTOWN」ではタグを切ってしまった商品は返品できなくなる。そのため、タグを切る前に商品をチェックする必要がある。タグを切ってしまうと「ZOZOTOWN」では破損扱いになるので諦めるしかない。
 そのため、「ZOZOTOWN」を利用した際にはタグが付いている商品はタグを付けたまま真っ先にチェックを行って、返品する可能性がないものだけタグを切るようにしよう。少しでも返品する可能性がある商品であれば、タグは絶対に切ってはいけない。
 「ZOZOTOWN」にとってタグも商品の一部であり、タグを切るという行為は商品を切るという行為になってしまう。タグも商品と考えておけば誤って切ってしまうこともないだろう。

※サムネイル画像(Image:Koshiro K / Shutterstock.com

「ZOZOTOWN」の返品送料は? 安い返品方法は? レターパックライト、定形外郵便など解説のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフZOZOTOWNレターパックレターパックライト定形外郵便】の最新ニュースをいち早くお届けします。