楽天モバイル1年経たず大台突破!この勢いのままキャリア業界に波乱を巻き起こせるか

年の瀬も迫る2020年12月30日、「楽天モバイル」がまたひとつ大台を突破した。同年4月にサービス提供をスタートさせた「Rakuten UN-LIMIT」の累計契約申し込み数が「200万回線を突破した」と発表したのだ。「日本のスマホ代は高すぎる!」という衝撃のCMで楽天モバイルが携帯キャリア業界に殴り込みをかけて以降、業界自体も大きな変化を迎えていることは記憶に新しい。この激動の情勢を尻目に、着実な成長を遂げてきていることが改めて判明した。
今回は、“第4のキャリア”として、楽天モバイルがどう進んでいくかを考えていきたい。

楽天モバイルが1年経たずに申し込み数200万件を突破!

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

街中でRakuten UN-LIMITのポスターを見る機会も着実に増えている

 楽天モバイルといえば、2020年に「他キャリアの回線を間借りする」格安スマホから「自社で回線を持つ」キャリアへと転身を遂げたばかり。後発の参入企業としてユーザーを確保すべく、サービス開始直後から人数限定で「料金プランを1年間無料」という前代未聞のキャンペーンを行っていたことをご存知の読者も多いことだろう。その甲斐もあって、ついに200万人を突破したという。

 サービス開始当初は自社回線の提供は大都市の周辺に限られていて“間借り”するパートナー回線のエリアが多かったが、現在も精力的に基地局を増やし続けている真っ最中。その拡大の様子は、楽天モバイルHPの通信エリアでも確認することができる。
 さらに12月には“電波がつながりやすい”とされる周波数帯、いわゆる「プラチナバンド」、の再分配を総務省に要望。もしこの要望が実現すれば、既存のキャリア3社との“通信力”の格差は大きく縮まる可能性を秘めている。

楽天モバイル1年経たず大台突破!この勢いのままキャリア業界に波乱を巻き起こせるかのページです。オトナライフは、【iPhone&Android格安スマホ楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。