21年も王者PayPayの座は揺らがない! ユーザー数は日本の人口の約3割の3,500万人突破!

近年、以前にも増して身近になってきているキャッシュレス決済。お金を持ち歩く必要がなくなり、身軽に外に出られるなどキャッシュレス決済の魅力は計り知れない。そのため、2019年は「キャッシュレス元年」と呼ばれるほどキャッシュレス利用者が爆発的に拡大していった。中でも「楽天ペイ」や「au PAY」といった、キャッシュレス決済のひとつQRコード決済サービス各社が、競うように還元キャンペーンを繰り返し一気に普及したのは記憶に新しい。さらに「PayPay」はキャッシュレス決済の中でも断トツのシェアを獲得している。「100億円あげちゃうキャンペーン」など、注目度の高い還元キャンペーンにより、認知度を一気に向上していく手法は大きな話題を呼んだ。
そんなPayPayが今年も躍進しそうな、ある発表があった。

PayPayのユーザーが3,500万人を突破!

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

ひょっとして、あなたはもうPayPayのヘビーユーザー?

 ソフトバンクグループ株式会社、ソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、提供するキャッシュレス決済サービス・PayPayについて、2021年1月4日にユーザー数が3,500万人を突破したと発表した。なんと3,500万人という数字は、日本の人口の約3割、1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)の総人口とほぼ同じなのだとか……。あなたの周りにもPayPay利用者は多くいるだろう。
 2018年10月のサービス開始以降、PayPayは大規模キャンペーン等でユーザーを多数獲得。2020年9月に「マイナポイント事業」がスタートした頃には3,000万人を突破したようだ。加えてそのマイナポイント事業の申込登録数も、9月の時点で100万件を突破していたというからその人気ぶり・アクティブユーザーの多さには驚かざるを得ない。

21年も王者PayPayの座は揺らがない! ユーザー数は日本の人口の約3割の3,500万人突破!のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。