【Slack】チャット内メッセージの引用方法や細かい記法を解説!

「Slack」でチャットの内のメッセージを引用する方法をご存じだろうか。「Slack」のチャット内のメッセージの引用方法にはいくつかの方法がある。本記事では「Slack」でチャット内のメッセージを引用する方法を解説するので参考にしてほしい。

【Slackの使い方】過去の投稿の引用方法【「>」を使う場合】

 ビジネスチャットツール「Slack」では過去の投稿内容を引用することができるのをご存じだろうか。「Slack」を利用していると過去の投稿内容を引用して新たな投稿を行いたい場面が多々ある。本記事では「Slack」で過去の投稿内容を引用して投稿するための方法について紹介する。
 「Slack」で過去の投稿内容を引用して新たな投稿を行う方法の最も有名な方法に「>」を使う引用記法がある。はじめに「Slack」での過去の投稿の引用記法である「>」について解説を行う。
 「Slack」は「Slack」自体が過去の投稿内容の引用を行うための方法を提供している。その方法のひとつが「>」を使った引用記法だ。「>」という引用記法を使うことで「Slack」に投稿するメッセージのうち引用したメッセージについて、一目で引用であると分かるように投稿することが可能となるのだ。
 ビジネスの場面で「>」による引用の便利な場面を考えると、会議の予定時間の変更連絡などさまざまな場面で活用できるのが分かるだろう。実際に「>」という引用記法を使った投稿方法を解説するので参考にしてほしい。

「Slack」で「>」という引用記法を使う場合、投稿時に「>」を先に入力すると投稿画面に引用の印が表示される。この引用マークは投稿後の「Slack」の画面にも表示されるので、この文章が過去の「Slack」の投稿を引用しているということを一目で確認することができる。なお、「Slack」で引用記法である「>」を使うときには、「Slack」で投稿を行う際に文の先頭に「>」を入力する。その後、引用で利用したいテキストを過去の投稿からコピーして先程入力した「>」のあとにペーストする。これで、このまま投稿すれば「>」のあとに入力した内容については引用マークの後に表示されるのでその文章は過去の投稿を引用しているのだということを一目で見分けることができるようになる

この画像は「Slack」で引用記法「>」を用いて会議の開始時刻の変更を連絡する例だ。この例のように、引用記法を活用して「Slack」での連絡を行うことでより正確に連絡内容を発信することができる。なお、「Slack」で「>」を使った引用には改行も対応しているので長い文章の引用も「>」を使って簡単に引用することができる

【Slack】チャット内メッセージの引用方法や細かい記法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスSlackWeb会議コミュニケーションテレワークビデオ会議在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。