auの4G周波数転用の「なんちゃって5G」に注意! 結果、料金だけが上がる可能性も

少しずつ定着の兆しを見せ始めている、次世代通信システム「5G」。今回au(KDDI)では、従来の回線設備を利用して、5G対応エリアを拡大することを発表した。いよいよ私たちの手元に5Gが訪れる日が来たのかもしれない。
今回はこの嬉しい発表が一部では、否定的に受け入れられている現状をお伝えする。キーワードは、“なんちゃって5G”…。

対応エリアの不足を打開する秘策をau(KDDI)が開発!

無限の可能性を秘めた5G

 携帯電話4大キャリアの一つ・au(KDDI)が、既存の4G回線の施設を転用した5Gサービスの提供を開始した。5Gとは、次世代の通信システムを差し、従来の4Gに比べて大容量かつ高速化でのデータ通信が可能となると言われている。5Gの効果は凄まじく、4Gがクルマでの移動だとすると、5Gは飛行機での輸送に変わると一部では表されている。より速く、より多くの荷物を最短距離で運べるようになることで、通信のタイムラグがなくなることはもちろん、さらなる多くの通信の可能性が広がり、身の回りのいろいろなものがネットにつながり、今まで考えられなかったような技術が生まれるのではないかと予想されている。

従来5Gには、専用設備を新たに建設する必要があり、対応エリアが整っていないことが普及の大きな障害となっていた。しかし、今回発表されたように既存の施設を使えば普及に弾みが付く、いよいよ私たちの手元にも本格的に5Gが訪れる予感だ。

auの4G周波数転用の「なんちゃって5G」に注意! 結果、料金だけが上がる可能性ものページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GauiPhoneKDDI】の最新ニュースをいち早くお届けします。