Apple Watch Series 6は買いなのか? 実際に1カ月間使用して気づいた意外な魅力とは

2020年9月、Appleから最新型のスマートウォッチ「Apple Watch Series 6」が発売された。「Apple Watch Series 6」では血中酸素濃度を計測できるのが目玉機能となっているが、それ以外にどんな魅力があるのだろうか?「Apple Watch Series 6」」は買いなのか? そこで今回は「Apple Watch Series 6」の意外な魅力を、実際に1カ月間使用してみた筆者が紹介する。

血中酸素濃度の計測以外に魅力はあるの?

 2020年9月18日、Appleからスマートウォッチ「Apple Watch Series 6」が発売された。第6作目となる新モデルの価格は42,800円(税別)からとなっている。すでに購入した人も多いだろうが、「Series 6」の魅力はどこにあるのだろう。果たして買いなのだろうか?
 まず、「Apple Watch Series 6」で最初に注目されるのが、血中酸素濃度を計測できるセンサーと「血中酸素ウェルネスアプリ」を搭載していること。腕を15秒間動かさずにいるだけで血中酸素濃度の計測が可能なので、一般的なフィットネスはもちろん、登山や高地での活動などで活用できる。これは同時発売の「SE」(2万9800円から)や旧モデルの「Series 3」(1万9800円)には搭載されていない「Apple Watch Series 6」だけの機能である。だが、そのためだけに「SE」より1万3,000円も余計に払う価値があるのだろうか……。

「Apple Watch Series 6」だけに装備されている目玉機能は、本体裏にある血中酸素濃度を計測できるセンサーだ

「Apple Watch Series 6」は「血中酸素ウェルネスアプリ」を搭載している。アウトドアやスポーツをする人には魅力的な機能だろう

Apple Watch Series 6は買いなのか? 実際に1カ月間使用して気づいた意外な魅力とはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleApple Watchスマートウォッチ】の最新ニュースをいち早くお届けします。