Macの画面をスリープさせないための解除、設定方法を解説!

Macをスリープさせないための設定をご存知だろうか。Macのスリープ機能は時として邪魔な存在だ。そこでMacをスリープさせないための設定やスリープ機能の解除方法を解説する。Macのスリープ機能に関してお悩みの方はぜひ参考にしてほしい。

【Mac】スリープ機能とは

(Image:Krisda / Shutterstock.com)

 Macのスリープ機能を利用しているだろうか。Macのスリープ機能はMacを利用しないときに勝手にMacを操作できないようにしたり省電力状態にしてバッテリーの消費を抑えたりするための機能だ。Macのスリープ機能は画面を閉じた時のほか、一定時間Macを放置していたときなど様々な条件で発動する。
 しかし、そのようなMacのスリープ機能もMacの利用目的や利用者によってはおせっかいな厄介機能になってしまうこともある。例えば、Macを何らかの装置やシステムの監視ツールとして利用していたときに、起動したままの放置でMacのスリープ機能が発動してしまうと、それらの監視ができなくなってしまうなどの問題があるからだ。
 そこで気になるのが、Macのスリープ機能の設定方法・解除方法だ。スリープが不要な場合はMacをスリープさせないための設定にしておかなければいけない。本記事ではMacをスリープさせないための設定やMacをスリープさせないようにするためのアプリを紹介していくので参考にしてほしい。
 はじめに、Macのスリープ機能についてより詳しく確認しておこう。Macのスリープ機能では実は様々な設定や切り替えが行えるのでスリープ機能の設定や正しい使い方を確認するだけでMacのスリープ機能に関するお悩みを解決できるかもしれない。

・スリープ機能にできるショートカットキー

 はじめにMacのスリープ機能を任意に発動させるためのショートカットキーを紹介しておこう。これらのショートカットキーを押してしまうとMacは自動的にスリープ機能に入ってしまうので注意したい。Macのスリープ機能のショートカットキーは「Command」+「Option」+「Eject」だ。これでMacのシステム全体がスリープに入る。なお、画面だけを消す画面のスリープという機能もある。これは画面を消すだけでシステム的には動作している状態でMacを置いておくスリープである。システム全体のスリープよりも電力は消費するが、スリープからの復帰を高速に行うことができ画面表示を行わないのでバッテリー消費も通常モードで置いておくよりは節約することができる。Macの画面のスリープへのショートカットキーは「Control」+「Shift」+「Eject」だ。

・スリープモードの切り替え

 実はMacのスリープには様々なオプション機能がある。これらのオプション機能は通常は利用するものではないがターミナルからスリープ用のコマンドにオプションを付けることで利用可能だ。これらのスリープではスリープ時にデータを格納しておく場所が異なるので自分の使い方に合わせてより細かくスリープを行いたい方におすすめだ。

はじめにMacでモードを指定してスリープを行なうにはターミナルを起動しなければ行けない。検索で「terminal」を検索してターミナルを起動しよう。ターミナルは各種Unixコマンドを利用できるアプリだ。Windowsで言うところのコマンドプロンプトでありCUIベースの操作が可能だ

[sudo pmset -a hibernatemode]にオプションの[0]を加えた場合、スリープ機能は通常の一般的な意味でのスリープモードになる。データはメモリ上に保存されている

オプションに[1]をつけた場合、これは一般的に言う休止状態のスリープになる。メモリ上のデータは一旦、HDDなどの補助記憶装置に退避されて保存される。そのため、復帰には時間がかかるが万が一電源が失われてもデータは失われない

オプションに[2]をつけた場合、これはノート型のMacでのデフォルトのスリープだ。データはメモリ上と補助記憶装置の両方に保存される。そのため、正常時は高速に復帰でき万が一電源が失われたときでも補助記憶装置のデータが残るのでデータは失われない

Macの画面をスリープさせないための解除、設定方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacスリープ機能】の最新ニュースをいち早くお届けします。