iPhoneはスマホ中古市場も席巻! ランキングトップ10のうち9つを占める

今後Apple Pay・Apple Cardで人気はさらに加速する?

(Image:David Finley / Shutterstock.com)

Apple Cardは日本ではまだサービスが始まっていないが、ファンから熱い視線が注がれている

 さらにiPhoneといえば、2020年の10月・11月と立て続けに4機種の新作iPhoneをリリースしたことでも注目を集めた。こちらは新品の市場になるが、香港の調査会社・カウンターポイントの発表によれば、10月に全世界で販売された5G対応スマホで最も売れたのはiPhone 12。2位も同時発売となった上位機種のiPhone 12 Proだったといい、この2種だけで同調査のシェアの24%を占めることとなった。

 日本国内でのiPhoneのシェアは5割とも6割とも言われており、フリマ市場でも「欲しいけど新品で買うほどでは…」というユーザーからの人気が集中していると考えてよさそうだ。
 最近ではAppleが提供するスマホ決済サービス「Apple Pay」も充実してきており、その利便性の向上が止まらない様子だ。現在はまだキャッシュレス決済の中ではあまり目立つサービスではないものの、「Apple Card」の上陸とともに一気に普及する可能性も無いとは言えなさそうだ。Apple Payの人気が高まれば、Apple Payを利用できるiPhoneやiPad、Apple Watchといったデバイスもさらに人気が加速するだろう。2021年も、iPhoneの人気ぶりは加熱の一途をたどりそうだ。

参照元:ムスビー

※サムネイル画像(Image:i am EM / Shutterstock.com)

iPhoneはスマホ中古市場も席巻! ランキングトップ10のうち9つを占めるのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone12スマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。