合理的なテレワークだが、隠れた不具合が徐々に生じ始めている現実も

新型コロナウイルスの流行による、緊急事態宣言や外出自粛の波を受けて一気に普及を見せたテレワーク。“合理的”な新しい働き方として、労働者、企業の両面から見てもメリットが大きく、今後社会の働き方のニュースタンダードになるのではと多くの人が期待を寄せている。一方でその合理化によるメリットの陰で思わぬ弊害が見え始めている。
今回はそんなテレワークの隠れた不具合と、これからの社会はどうなっていくかについて探っていきたい。

コミュニケーションが0になる?これからの働き方

テレワークは確かに合理的な働き方だが…

 テレワークにより出社する必要がなくなると、通勤時間や身支度の時間などこれまで多くの「無駄な時間」を毎日使っていたことを痛感するのではないだろうか。同時に、企業としても通勤手当や、オフィスの維持費などのコストを削減できるとあって、テレワークは双方にとって合理的な働き方だと言える。なによりサラリーマンにとっては、無駄な会議や打ち合わせが著しく減ったという喜びの声を多く聞かれた。
 サイボウズが調査したところ、「在宅勤務中に職場の人と業務に関わるコミュニケーション」について約6割の人が「1日30分未満」と回答。「雑談を始め業務に関わらないやりとり」では、約4割が「0分」と答えたことが判明。テレワークによって職場内でのコミュニケーションが0になりつつあることが分かった。
 テレワークは合理化の影で、会社への愛着や仲間意識という大きな課題があるかもしれない。

合理的なテレワークだが、隠れた不具合が徐々に生じ始めている現実ものページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスコミュニケーションテレワーク在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。