ドコモのイメージ戦略勝ち? ユーザーから好意的に受け入れられるマジックの正体

NTTドコモが、現行プランの一新を発表した。大幅な値引き戦略に多くのユーザーは、今回の発表を好意的に受け止めているようだ。しかしこの値引き、よくよく条件をしっかりと確認してみると…。
今回は現在勢いに乗るドコモの値引き戦略と、そこに隠されたブランディングのうまさについて迫っていく。

他社に倣ったプラン内容ながら、ユーザーファーストの姿勢を打ち出す

(Image:pisaphotography / Shutterstock.com)

ドコモの新プランが好評だ

 NTTドコモは現行の料金プランを一新すると発表した。大容量プラン「5Gギガホ」を「5Gギガホ プレミア」に、「ギガホ」を「ギガホ プレミア」に改めると説明した。プランの内容としては、「5Gと4Gでの差額が100円」「データ無制限」と他社プランと足並みをそろえる内容となったが、使用データ容量3GB未満の月は1,500円引きという「使用したGBによって大きく値引き」という面はユーザーにとって嬉しい内容。消費者のことを深く考えて料金設定をしていることが見て取れる。
 加えて今回大きく評価された点が、条件次第では現行プランから大幅な値引きを受けられるという点ではないだろうか。サブブランド「ahamo」の発表から新しい話題を投入するたびにドコモの評価は上がっているように感じられる。

ドコモのイメージ戦略勝ち? ユーザーから好意的に受け入れられるマジックの正体のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoAndroidiPhoneNTTドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。