パソコンが遅いならHDDを高速SSDに換装しよう!「EaseUS Todo Backup」の使い方

「EaseUS Todo Backup Free」で簡単OSコピー!

 現在のCドライブをWindows OSごと丸々SSDにコピーするには「EaseUS Todo Backup Free」という無料アプリを利用すればよい。ソフトを公式サイトから入手してインストールしよう。途中、有料版の購入画面が表示されるが「後で」を選べば無料で利用可能だ。「EaseUS Todo Backup Free」を起動したら、画面左上の設定から「クローン」を選択。あとは、ソースにCドライブ、ターゲットにSSDを指定すればOK。数十分後にはコピーが完了する。
 ちなみに、OSを丸ごとコピーしておけば、元のHDDはパソコンが起動しなくなったときなどのバックアップにもなるので、そのまま保存しておけば安心だ。

「EaseUS Todo Backup Free」の公式サイトで「無料ダウンロード」を選択(上写真)。メルアドを入力して「Todo Backup Free」を押す(下写真)

無料版の「ダウンロード」を押すとダウンロードが開始される。ダンウロードが終わったら「フォルダを開く」を押そう(上写真)。入手した「tb_free_installer.exe」をダブルクリックする(下左写真)。画面に従ってインストールしよう(下右写真)

「インストールが完了しました」画面で「今すぐ始める」を押す(上写真)。すると、ライセンス購入ページが表示されるが、「後で」を押せばそのまま無料で利用できる(下写真)

「EaseUS Todo Backup Free」が起動したら、画面左上の「設定」を押して、「クローン」を選択しよう

まず、Windows OSの入っているCドライブをすべて選択する「バックアップオプション」では「SSDに最適化」を選択して「実行」をクリックしよう

次にコピー先となる新しいSSDを選択して「次へ」を押す

「ソース」と「ターゲット」が間違いないか確認したら「実行」を押す(上写真)。すると、「パーティションを削除してクローンを開始しますか?」と表示されるので「続ける」を押そう(下写真)

パソコンによって作業時間は異なるが数十分後には作業が完了するので「完了」を押そう。これでSSDにCドライブが丸ごとコピーされた。ちなみに、筆者の場合は10分ほどで完了した。

パソコンが遅いならHDDを高速SSDに換装しよう!「EaseUS Todo Backup」の使い方のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスEaseUS Todo BackupHDDSSDWindows 10パソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。