「WhatsApp」の使い方やLINEとの違いなど詳しく解説!

「WhatsApp」というメッセンジャーアプリをご存知だろうか。実は、「WhatsApp」は海外に目を向けるとLINEよりも有名なアプリだ。そこで本記事では「WhatsApp」の登録方法など初期設定やLINEとの違いを交えながら使い方を紹介していく。

「WhatsApp」とは

 「WhatsApp」とはどのようなアプリかご存知だろうか。なんとなく耳にしたことがあっても実際に「WhatsApp」を使ったり「WhatsApp」とはどのようなアプリなのかを説明できる方は少ない。本記事では「WhatsApp」とはどのようにして使うのか、「WhatsApp」の使い方や設定方法を紹介するその前に「WhatsApp」とはどのようなアプリなのかを確認しておこう。

・アメリカ発のメッセンジャーアプリ

 「WhatsApp」とは、「Facebook」社が運営を行っているアメリカ発のメッセンジャーアプリだ。日本でメッセンジャーアプリというと真っ先に思い浮かぶのが「LINE」だが、世界に目をやるとメッセンジャーアプリの主流は「WhatsApp」だ。特にアメリカで「WhatsApp」は日本での「LINE」と同様の立ち位置にあり、ほとんどのスマホユーザーが利用している。

・LINEとの違い

 「WhatsApp」とは、アメリカで「LINE」のようにして利用されているアプリだということがわかった。では「WhatsApp」と「LINE」にはどのような違いがあるのだろうか。「WhatsApp」と「LINE」の違いとはどのようなポイントなのか解説しよう。
 「WhatsApp」と「LINE」はともに友人同士でのメッセージのやり取りや音声・ビデオ通話が可能だ。そのため、「WhatsApp」と「LINE」の基本機能的な大きな違いは無いが細かい点については違いが出てくる。
 例えば、「LINE」ではメッセージや通話のやり取りをするユーザーを「LINE」上での友だちとして登録している。しかし、「WhatsApp」にはこのアプリ内での「友だち」という概念はない。「WhatsApp」は「WhatsApp」内での「友だち」とメッセージや通話を行うのではなく、スマホ本体の連絡先に保存されているユーザーとメッセージや通話を行うことができるのだ。
 とはいっても、スマホ本体の連絡先に登録されているユーザーが「WhatsApp」を利用しているとは限らない。「WhatsApp」では連絡先から相手を指定するときには連絡先の電話番号をもとにして、「WhatsApp」の利用者だけを表示するようになっている。そのため、「WhatsApp」はスマホの連絡先に登録されている人が「WhatsApp」を利用していれば「WhatsApp」上での連絡先交換はすることなく、メッセージや通話が可能となるのだ。
 また、「WhatsApp」と「LINE」はアプリ自体に大きな違いがある。「LINE」アプリには「LINE Pay」や「LINE 証券」など様々な機能が統合されて搭載されているが、「WhatsApp」アプリはメッセンジャーアプリとしての機能のみが搭載されている。前述の通り、「WhatsApp」はFacebook社のサービスのため「LINE」に搭載されているような「タイムライン」や「日記」などメッセンジャーアプリとして以外の機能は、Facebook社が運営している「Facebook」や「Instagram」など別のアプリとして用意されている。
 そのため、「WhatsApp」は「LINE」アプリと比較するとメッセンジャーアプリとしての使い方に特化して設計されており、それ以外の機能を期待しない人にとっては非常に使いやすい。

「WhatsApp」の使い方やLINEとの違いなど詳しく解説!のページです。オトナライフは、【SNSLINESNSWhatsApp】の最新ニュースをいち早くお届けします。