PayPayとは競わない? 独自路線で存在感を示す「pring」や「Kyash」とは

近年急速に普及が進むキャッシュレス決済サービス。そのサービスが世の中に浸透していくにあたって、様々なサービスが雨後の筍のごとく誕生したことは読者のみなさんもご存じのことだろう。2019年頃からは巨大な後ろ盾を持つサービスが豊富な資金力を武器に存在感を増し続けているのが現状だが、では、ベンチャー企業などが提供し“独立系”と呼ばれるサービスは現在どのような状況にあるのだろうか。
今回は様々な差別化で生き残りを図っている決済サービスについてご紹介していきたい。

キャッシュレスは弱肉強食の競争社会

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

これだけの決済サービスが覇を競い合う戦国時代だ

 2019年10月に「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まるなど、キャッシュレス決済は国をあげて普及が図られている分野だ。2018年の後半からはQRコード決済が台頭。「100億円あげちゃうキャンペーン」で一気に注目を集めた「PayPay」をはじめ、巨大な楽天経済圏の一角である「楽天ペイ」、さらには「d払い」「au PAY」といったサービスも人気を博すようになった。これら有力サービス以外にも多くの決済サービスが登場を続け、さながら“キャッシュレス戦国時代”の様相を呈していた。
 一方で淘汰されていったサービスも存在し、QRコード決済業界の先駆者でもあった独立系の「Origami Pay」は2020年1月に同業である「メルペイ」に吸収された。大企業の体力を持つサービスに“バラマキ”施策を取られてしまうと、ユーザーはおトクな方向に流れてしまい体力の無いサービスから脱落してしまうのだろう。

PayPayとは競わない? 独自路線で存在感を示す「pring」や「Kyash」とはのページです。オトナライフは、【マネーKyashpringQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。