【Windows 10】フォント(サイズ)を変更する方法! できないときの対処法も解説

【Windows 10】フォント(サイズ)を変更する方法【システムフォントの場合】

 「Windows 10」では「Yu Gothic UI」と呼ばれるフォントがデフォルトでシステムフォントとして利用されている。このフォントは「Windows 10」から採用されたフォントのため、Windows7の「メイリオ」などのフォントに慣れ親しんできた方にとってはこの変更は歓迎できないものでもある。
 そこで、「Windows 10」のシステムフォントを変更して読みやすくサイズも丁度よいフォントに変更する方法がある。「Windows 10」のシステムフォントは手動でも変更できるがかなり面倒だ。そのため、今回は「Windows 10」のシステムフォントを変更するために作成されたソフトである「Windows 10のフォントが汚いので一発変更!」というソフトを使って「Windows 10」のシステムフォントを変更してみよう。
 このフリーソフトでは「Windows 10」のシステムフォントをWindows7でおなじみの「メイリオ」やWindowsXP、Windows8で利用されていたフォントに変更することができる。実際のフォントのプレビューを見てフォントを選択できるのでサイズ感もつかみやすくおすすめだ。

「Windows 10」のシステムフォントを変更するための「Windows 10のフォントが汚いので一発変更!」はフリーソフト配布サイト「窓の杜」からダウンロードできる。窓の杜の同ソフトの詳細ページへアクセスしてダウンロードを行おう

窓の杜からソフトをダウンロードしたらダウンロードしたファイルの解凍を行う。このソフトは圧縮ファイル形式で配布されており、パソコンへのインストールなしに利用できる。ダウンロードしたファイルを右クリックしてわかりやすい場所へ解凍しよう

ダウンロードしたファイルを解凍したら中に「FontChanger.exe」というファイルがあるのでダブルクリックして起動する

「Windows 10」のシステムフォントを選択できる画面が表示されるので、お気に入りのフォントを見つけて「OS名」の部分をクリックしよう。これで「Windows 10」のシステムフォントを選択したフォントに変更できる。なお、これらのフォントは一見するとフォントサイズが若干異なるように見えるが、全てフォントサイズは同一である。フォントによってフォント感の隙間のサイズやフォント自体のサイズに若干の違いが生まれるので、並べて表示するとフォントサイズが違うように見えるのだ。なお、「Windows 10」のシステムフォントをもとに戻したいときには同ソフトで「Windows 10」を選択することで変更したシステムフォントをもとに戻すことができる

【Windows 10】フォント(サイズ)を変更する方法! できないときの対処法も解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10フォント】の最新ニュースをいち早くお届けします。