【Windows 10】フォント(サイズ)を変更する方法! できないときの対処法も解説

【Windows 10】フォント(サイズ)を変更する方法【レジストリの場合】

 「Windows 10」のシステムフォントを変更する方法に「レジストリ」を操作する方法がある。「レジストリ」とは「Windows 10」のシステムの基本設定値などシステムの動作に重要な項目が記されているファイルである。「レジストリ」の操作はミスをしてしまうと最悪、「Windows 10」が起動できなくなってしまう。そのため、基本的には「レジストリ」の操作によるシステムフォントの設定はおすすめしないが、ソフトを使いたくないなどの理由で「レジストリ」を操作する方は十分に注意を払ってほしい。「レジストリ」を操作する方法は手順も多くあり上級者向けだ。

「レジストリ」操作でシステムフォントを変更するときには、「レジストリ」へ変更値を書き込むための「レジストリファイル」を作成する。「ファイル名を指定して実行」などからメモ帳を起動しよう

メモ帳を起動したら下記の値をメモ帳にコピペする。
————————————————————-
Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionFontSubstitutes]
“Yu Gothic”=”Meiryo UI”
“Yu Gothic Bold”=”Meiryo UI Bold”
“Yu Gothic Light”=”Meiryo UI”
“Yu Gothic Medium”=”Meiryo UI”
“Yu Gothic Regular”=”Meiryo UI”
“Yu Gothic UI”=”Meiryo UI”
“Yu Gothic UI Light”=”Meiryo UI”
“Yu Gothic UI Regular”=”Meiryo UI”
“Yu Gothic UI Semibold”=”Meiryo UI Bold”
“Yu Gothic UI Semilight”=”Meiryo UI”
“游ゴシック”=”Meiryo UI”
“游ゴシック Bold”=”Meiryo UI Bold”
“游ゴシック Light”=”Meiryo UI”
“游ゴシック Medium”=”Meiryo UI”
“游ゴシック Regular”=”Meiryo UI”
————————————————————-

メモ帳にレジストリ値をコピペしたら保存を行うが、これがレジストリファイルということを認識させるために、保存時には文字コードを「UTF-16 LE」に設定してファイル名の拡張子を「.reg」に変更する

これでレジストリファイルが作成される。作成したレジストリファイルをダブルクリックで起動する

レジストリエディター起動の許可が表示されるので「はい」をクリックする

レジストリ値書き込みの最終確認が表示されるので「はい」をクリックする

レジストリ値の書き込みを行ったら「Windows 10」のフォントサービスを変更する。「サービス」アプリを管理者として実行する

「Windows Font Cache Service」のプロパティを開く

サービスを設定したらコマンドプロンプトを管理者として実行する

コマンドプロンプトに下記のコマンドをコピペして実行する。
———————————————
cd %windir%Fonts
takeown /F YuGoth*.ttc /A
icacls YuGoth*.ttc /grant Administrators:F
ren YuGoth*.ttc YuGoth*.ttc.tmp
———————————————

最後にシステムを再起動して完了だ

【Windows 10】フォント(サイズ)を変更する方法! できないときの対処法も解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10フォント】の最新ニュースをいち早くお届けします。