加速する現金離れ! QRコード決済使えないからと来店やめた人が3割以上に及ぶことが

現在、国と企業が力を合わせて利用の普及拡大を目指した様々な取組みが行われているキャッシュレス決済。「現金を使うよりもおトク」という観点から、昔から存在するクレジットカード決済やここ数年で一気に存在感を増したQRコード決済などが幅広い世代の人々に浸透していき、もはや支払いは現金オンリーという勢力のほうが珍しい世の中となってきた。
今回は、そんな急速に進むキャッシュレス化の中で、消費者側だけでなく店舗側もキャッシュレス対応を急がなければならなくなりそうな調査結果をご紹介したい。

加速する“現金離れ”で進むキャッシュレス化

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

新しいQRコード決済もたった数年でコンビニをはじめ多くの場所で使えるように

 国の施策で「キャッシュレス・消費者還元事業」がスタートするなど、世間にキャッシュレスが広まり“キャッシュレス元年”とも呼ばれた2019年。それを機に、地方の街中にある個人店のようなこれまでクレジットカード決済を導入していなかった小さな店舗でも「PayPay」をはじめとしたQRコード決済が使えるようになるなど、世の中の支払い方法が一気に変化していった。

 そんな時代における消費者意識を調査するため、マーケティングリサーチ会社「MMD研究所」は2020年11月、「【第1弾】実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査」を実施。同年12月に調査結果を発表した。それによると60%以上の回答者が「キャッシュレス化が進んでいると思う」と感じており、消費者目線でもキャッシュレスの普及ぶりを実感していることが明らかとなった。また、直近3ヶ月の支払いで現金を利用した人は86.2%に留まり、着実に“現金離れ”も進んでいることも判明した。

加速する現金離れ! QRコード決済使えないからと来店やめた人が3割以上に及ぶことがのページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。