30分早まる路線も!1月20日から始まる「終電繰り上げ」についてまとめてみた!

ますます拡大するコロナ禍の影響で、2021年1月8日から2回目の緊急事態宣言が発出された。1回目と大きく違う点は、首都圏鉄道の終電繰り上げが要請され、多くの路線で1本〜2本終電が繰り上げになること。なかには終電が3本以上も早くなっている場合があるのだ。もし、やむを得ず出社する人は、事前に終電の時間を確認しておいたほうがよいだろう。そこで今回は、首都圏で終電逃しの危険度が高い路線を紹介する。

(Image:Karolis Kavolelis / Shutterstock.com)

 

まずは終電が2本なくなる路線から紹介

 2度目の緊急事態宣言では、首都圏鉄道の終電が2021年1月20日から何本か繰り上げられることになった。終電は翌日の折返し始発列車になることが多いため、複数の列車を同じ駅で終点に設定することが難しい。そのため終電が繰り上げられると、時刻表の最後の列車の1つ前が終電になることがほとんどである。しかし、なかには運用などの都合上、時刻表最後の2つ前、さらに3つ前の列車が終電になる場合もあるのだ!
 まず、終電が2つ繰り上げられる路線は、山手線(外回り&内回り)、京浜東北・根岸線(大宮方面行き)、常磐線 快速(上り)。とくに注意したいのは京浜東北・根岸線(大宮方面行き)で、通常より20分以上終電が早くなる。

■山手線(外回り&内回り)

(Image:jreast.co.jp)

山手線は2本繰り上げられるが、影響が少ないと予想される。山手線は乗り換えで利用する人が多く、終電を逃してもリカバリーが効きやすいからだ。ちなみに外回りでは大塚〜品川間が2本繰り上がり13分程度、内回りでは目白〜大崎間が28分程度終電が早まっている

■京浜東北・根岸線 (大宮方面行き)

(Image:jreast.co.jp)

従来、大宮駅着は午前1時17分が最終だったが、2本繰り上がり0時51分が最終となる。たとえば、東京駅では0時23分が大宮行の最終電車だったが、23分繰り上がり0時00分が最終となるので要注意。ちなみに、繰り上がった2本は南浦和止まりとなるため、大宮まではタクシーで4,000円以上はかかるぞ

■常磐線 快速(上り)

(Image:jreast.co.jp)

常磐線では、取手発、松戸行きの列車が2本繰り上げになり、終電が25分ほど早くなっている。とはいえ、深夜の上り列車なので、こちらはさほど大きな影響はないだろう

30分早まる路線も!1月20日から始まる「終電繰り上げ」についてまとめてみた!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフJR東日本中央線京浜東北線山手線常磐線根岸線終電繰り上げ】の最新ニュースをいち早くお届けします。