楽天カードも安泰じゃない! ユーザーのブランド信仰終焉でクレカ選びは波乱の幕開け?

クレジットカードを使う理由について多くの人が「ポイント」をあげていることが分かった。特にポイントを意識している人は「楽天カード」を支持しているようだ。クレジットカードをステータスで選ぶ時代はもう過去のモノとなったようだ。
今回はそんな「ポイント至上主義」の日本において、今後のキャッシュレス業界がどのような戦いを繰り広げていくか展望を考えていく。

およそ8割のユーザーがクレジットカードのポイントを意識している

多くの人にとってクレジット選びの決め手はどうやら「ポイント」

 「まねーぶ調べ」による全国のクレジットカード保有者100人への意識調査の結果、「クレジットカードのポイント」について8割以上の人が意識して貯めていることが分かった。意識している点としては、「公共料金、携帯料金など固定費をクレジットカード払いにする」が56人。「日常の買い物をすべてクレジットカード払いにする」が48人。「キャンペーンにエントリーする」が47人であった。多くの人が月々必ず支払いのある費用をクレジットにまとめることで、少しでも得をしようと努力していることが分かった。
 さらにポイントに対する意識を調査していくと、ポイントを意識している人がメインで利用しているクレジットカードについては、圧倒的に楽天カードが支持されていることが分かり、楽天のポイント戦略が大きな成功を収めていることが見て取れる。

楽天カードも安泰じゃない! ユーザーのブランド信仰終焉でクレカ選びは波乱の幕開け?のページです。オトナライフは、【マネークレカ楽天楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。