「Googleカレンダー」をデスクトップ (Windows・Mac)に表示する方法!

スケジュール管理に欠かすことができない「Googleカレンダー」を、デスクトップに表示してすぐにアクセスできるようにする方法をご存知だろうか。「Googleカレンダー」をデスクトップに表示する方法を紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

【Windows】「Googleカレンダー」をデスクトップに表示する方法【ショートカットを作る場合】

 スケジュール管理ツールとして、「Googleカレンダー」を使っている方は多いのではないだろうか。「Googleカレンダー」はPCだけでなくスマホやタブレットなどさまざまな端末から利用でき、各種Googleサービスや社外サービスとも連携を行うことができるビジネスには欠かすことができないツールだ。そのため、PCを起動してすぐに「Googleカレンダー」を表示する方も多い。
 そこで本記事では、「Googleカレンダー」をデスクトップに表示して、素早く表示できるようにする方法を紹介する。Windowsで「Googleカレンダー」をデスクトップに表示する方法とMacで「Googleカレンダー」をデスクトップに表示する方法を紹介するので参考にしてほしい。
 Windowsの場合、「Googleカレンダー」をデスクトップに表示する方法としてこれから紹介する、ショートカットを手動作成する方法と「Googleカレンダー」自体の機能を使ってデスクトップに表示(常駐)させる方法がある。はじめに、「Googleカレンダー」をデスクトップに表示させる方法として、Windowsでショートカットを作る方法を紹介しよう。
 Windowsでショートカットを作る方法は、「Googleカレンダー」のショートカットを手動でWindowsのデスクトップに作成する方法だ。この方法を使うことで、デスクトップに表示した「Googleカレンダー」のショートカットを開くだけで、「Googleカレンダー」にアクセスできるようになる。

Windowsで「Googleカレンダー」のショートカットを手動でデスクトップに表示させるには、「Googleカレンダー」をブラウザで表示させてブラウザのアドレスバーの横に表示されているSSL通信アイコン(鍵アイコン)をWindowsのデスクトップにドラッグアンドドロップする

デスクトップにSSL通信アイコンをドラッグアンドドロップすると、「Googleカレンダー」のショートカットがデスクトップに表示される。これで、Windowsでの「Googleカレンダー」のショートカットをデスクトップに表示することができた。なお、このショートカットで「Googleカレンダー」を表示させると、WindowsでWebサイトの既定のアプリとして指定されているブラウザで「Googleカレンダー」が表示される

「Googleカレンダー」をデスクトップ (Windows・Mac)に表示する方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle ChromeGoogleカレンダーMacwindows10】の最新ニュースをいち早くお届けします。