LINE Payがさらなる進化! “バーチャルカード”で支払いの概念を変える?

消費税増税を機にキャッシュレスへと動き出した日本。なかでも、「PayPay」をはじめとしたQRコード決済の普及は飛ぶ鳥を落とす勢いである。ポイント還元キャンペーンなど、消費者にとって明確なメリットを付与するサービスがキャッシュレス決済には付随するため、お得感をダイレクトに感じられるのが最大の特徴だろう。さらに、現金を持ち歩く必要もなくなって身軽になり、お会計もスムーズにできるとなると非の打ち所がないようにも見える。そんな中、QRコード決済サービス「LINE Pay」は、LINEの友達と送金・送金依頼・割り勘ができるとして人気を集めている。
そんなLINE Payは、どうやら新境地へ進もうとしているらしい……。

Visa LINE Pay プリペイドカードって何?

(Image:pay.line.me)

もはやLINEはメールよりも使うツール?

 Visa LINE Pay プリペイドカードとは、LINEのサービス内からバーチャルカードであるVisa LINE Payプリペイドカードを発行することで、Visa加盟店でのオンラインショッピングが可能になるサービスのことだ。さらに、スマホ決済サービスの「Apple Pay」を設定することで、国内121万箇所以上(2020年9月時点)の店舗で導入されている電子マネー「iD」の決済端末に「iPhone」や「Apple Watch」をかざすだけでQRコード決済と共通の「LINE Pay」残高での支払いが可能になるサービスを、2020年の12月22日からスタートしている。

LINE Payがさらなる進化! “バーチャルカード”で支払いの概念を変える?のページです。オトナライフは、【マネーLINELINE payVisa LINE Pay】の最新ニュースをいち早くお届けします。