格安スマホプランahamo・povo・SoftBank on LINEに乗り換えられない3つの意外な理由とは?

世間ではドコモの「ahamo(アハモ)」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」、auの「povo(ポヴォ)」など、月20GB+1回5分かけ放題込みで月額2,980円という格安新プランが話題となっている。大手キャリアでこの料金は非常に魅力的だが、あることが原因でどうしても乗り換えられない人がいるという。はたしてその意外な理由とは?

新料金プランに乗り換えられない3つの理由

 2020年12月3日、ドコモが月20GB・月額2,980円の格安プラン「ahamo(アハモ)」を、2020年12月22日にはソフトバンクも同様のプラン「Softbank on LINE」を発表。さらに、2021年1月13日にはauが月20GBで月額2,480円と最安値の新料金プラン「povo (ポヴォ)」を発表したのは皆さんご存じだろう。従来のスマホ料金が月額5,000~9,000円程度なのを考えれば驚異的な安さなので、2021年3月のサービス開始時には、どこに乗り換えようか迷っている人もたくさんいるだろう。
 だが、なかにはどうしてもこの格安プランに乗り換えられない人もいるという。その意外な3つの理由とは、いったい何なのだろうか?

(Image:ahamobile.jp)

最初に動いたのはドコモだった。格安新プラン「ahamo(アハモ)」は、発表からわずか1カ月で55万人が申し込んだという人気ぶりだ

(Image:softbank.jp)

格安SIMの「LINEモバイル」を吸収してスタートする「Softbank on LINE」。LINEのデータ通信量がかからないのが大きな魅力!

(Image:povo.au.com)

最後に発表した「povo」は、1回5分かけ放題(月額500円)をオプションにすることで、月額2,480円という最安値を実現した

格安スマホプランahamo・povo・SoftBank on LINEに乗り換えられない3つの意外な理由とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoAndroidiPhonepovoSoftBank on LINE】の最新ニュースをいち早くお届けします。