Androidユーザーの3割が該当? 密かに回避された深刻な危機とは

Android OSをお使いのみなさんは、あなたのスマートフォンが2021年10月以降、多くのWebサイトが見られなくなるかもしれなかった事実をご存知だろうか。現在はひとまず直近の危機は回避されているのだが、今後再び同じ問題が発生するのは確実であり、Androidユーザーとしてはその顛末は知っておくべき事柄のはずだ。
今回は、Android OSに訪れた危機の詳細と、その根本原因や対策をお伝えしていきたい。

2021年10月に一部のAndroidスマホでWebが閲覧できなくなる?

(Image:Benny Marty / Shutterstock.com)

全世界で70%以上のシェアを誇っているともいうGoogle の開発するAndroid

 「Android OSでWebサイトが見られなくなる」というのは、比喩でも誇張でもなく本当のことだ。これは、サイトの安全性の証明や通信の暗号化に関わる「SSLサーバ証明書」関係の有効期限が2021年9月末で切れてしまうことが原因となっている。そのため期限の切れた10月以降は、Android 7.1.1以前のOSを搭載しているAndroidスマホでは「SSLサーバ証明書を使用している世界のおよそ3分の1のサイトと通信ができなくなる」という問題があったという。
 この問題に対して、証明書を発行する企業等の対応により3年間の利用期間の延長が成立。少なくとも、10月に突然サイトが見られなくなる危険性は回避されたのだった。しかしこれは場当たり的で裏技とも言える回避方法なのだといい、根本的な解決にはいたっていないようだ。そのため3年後にはあらためてこの問題が再浮上してくることも大いに考えられるだろう。

Androidユーザーの3割が該当? 密かに回避された深刻な危機とはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidGoogle】の最新ニュースをいち早くお届けします。