格安SIMが「ahamo(アハモ)」の登場で“割高SIM”に! 今後スマホ料金はもっと安くなる!?

大手キャリア(MNO)のドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という格安新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表すると、ソフトバンクやauもこれに追随した。だが、これで窮地に立たされたのが格安SIM(MVNO)である。何しろ「ahamo」の料金は格安SIMよりも安いため、格安SIMは今や“割高SIM”になってしまったのだ。そこで格安SIMの業界団体は、総務省にネット回線の卸料金の値下げを求めている。もしかすると、スマホ料金はもっと安くなるかも……?

 

格安SIMが“割高SIM”になってしまう異常事態!

 2020年12月3日、ドコモが新たな格安新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表すると、ソフトバンクは「Softbank on LINE」を、au(KDDI)は「povo (ポヴォ)」という同様のプランを発表して追随した。これにより、2021年3月からは、MNO(携帯電話回線をもつ大手キャリア)のネット専用プランは月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円が標準になる。
 これで窮地に立たされたのが格安SIM(MVNO)だ。何しろ、大手キャリアが発表した格安新料金プランは、現在の格安SIMよりも安いのだ。たとえば、格安SIM大手のOCNモバイルONEは「20GB/月コース」が月額4,400円、安いと評判のイオンモバイルでも「音声20GBプラン」が月額3,980円するのである。このままでは格安SIMは“割高SIM”になってしまう……。そこで格安SIMの業界団体「テレコムサービス協会MVNO委員会」は、2021年1月19日、総務省に対して早急なネット回線卸(レンタル)料金の値下げを要望したというわけである。

これまでは月額5,000円〜1万円程度の大手キャリアよりもお得な“格安SIM”だったが、「ahamo」などの格安新料金プランの登場で、逆に“割高SIM”になってしまう異常事態に!

格安SIMが「ahamo(アハモ)」の登場で“割高SIM”に! 今後スマホ料金はもっと安くなる!?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidMVNOOCNモバイルONEイオンモバイル格安SIM格安スマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。