Androidスマホの「OSアップデート」がGoogleだけではどうにもできない難しい問題とは?

現代のさまざまなデジタル機器を扱うときに、避けては通れないもののひとつに“OSのアップデート”がある。PCであれば定期的にWindows等の更新プログラムを受信してシャットダウン・再起動時に更新が適用されたり、スマートフォンでもiPhoneに搭載されているiOSは旧機種でも最新のものにアップデート可能な場合も多い。しかし同じスマホでも、Android OSのスマホはさまざまな事情でそうはいかないようだ。
今回は、AndroidスマホのOSが更新されづらい理由と、それを提供するGoogleの奮闘ぶりをご紹介していきたい。

メーカー依存のOSアップデートはAndroidの弱点か

(Image:Stanislaw Mikulski / Shutterstock.com)

窓もリンゴも頻繁なアップデートをしているが…

 OSのアップデートが重要であることは、現代人にはもはや説明不要とさえ言えるほど基本的な知識かもしれない。新機能が追加され利便性が向上するだけでなく、近年増加の一途をたどるサイバー犯罪に対するセキュリティリスクの解消等の変更が加えられていることも多々ある。そのため“持ち歩けるPC”と言っても過言ではないスマホにおいても、さまざまな個人情報を守るためにもOSは新しいバージョンのほうがメリットは大きい。

 しかし現在Android OSを搭載したスマホはあまり積極的なOSのアップデートを行っていないという。その理由は「OSとハードウェア(スマホ本体)の製造が別会社である」ことが影響している。Androidは、ソフトであるAndroid OSの開発元がGoogleで、ハードは世界のスマホメーカー各社が開発している格好だ。そのため開発段階のOSの情報を無造作に社外に公開するわけにもいかず、メーカー各社は公開済みのOSを使っての新機種開発となってしまう。そのためリリース時には新たなAndroid OSが出ているにもかかわらず、1世代前のOSを搭載した新機種が誕生してしまうのだ。
 加えてガラケーの語源にもなった日本の携帯電話の“ガラパゴス”化が象徴するように、日本メーカーはとにかく独自機能をつける。そのためにOSも独自にカスタマイズされていることが多いといい、新たなOSをアップデートする場合にも同様のカスタマイズが必要だという。しかしメーカーとしては、すでに売れたスマホのOSはアップデートしても直接的な利益は得られない。ムダを省くためOSのアップデートには消極的なのだ。

Androidスマホの「OSアップデート」がGoogleだけではどうにもできない難しい問題とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidGoogle】の最新ニュースをいち早くお届けします。