PayPay、楽天カード桁違いの情報漏えい件数! 失った信頼を取り戻すことができるか?

2020年の「個人情報の漏えい・紛失事故」の数が発表された。件数の1位と2位は私たちもよく利用している「意外な」2社になっていることが分かった。なぜこの2社は犯罪者に狙われてしまったのだろうか。
今回はこの結果から、私たちが個人情報漏えいの危機に晒されていること、そして今後この2社に求めていきたいことについて考えていく。

もはや、全国民が被害にあっているかも…

個人情報の漏えいは身近な問題になっている

 「東京商工リサーチ」によると、2020年に「個人情報の漏えい・紛失事故」を公表したのは88社であったことが分かった。内訳を見てみると、事故件数としては103件、漏えいしてしまった個人情報は2,515万件以上になっている。調査開始以来、公表社数で見れば過去最多・最悪となってしまったようだ
 2012年から2020年までの集計で見てみると、漏えい・紛失した可能性のある個人情報は累計1億1,404万人分に達し、日本の人口に匹敵するほどの件数になっている。もはや情報漏えい被害は他人事ではないようだ。

PayPay、楽天カード桁違いの情報漏えい件数! 失った信頼を取り戻すことができるか?のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレスクレカソフトバンク個人情報楽天楽天Edy楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。