PayPay、楽天カード桁違いの情報漏えい件数! 失った信頼を取り戻すことができるか?

PayPayが危ない?キャッシュレス決済から情報は漏れやすいかも

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

2020年の被害件数の1位はPayPay

 この調査結果の中でも注目したいのは、情報漏えい・紛失件数のランキングだ。1位に「ソフトバンクグループ(PayPay)」、2位に「楽天(楽天、楽天カード、楽天Edy)」がランクインしている。近年一躍ユーザーを増やしている「キャッシュレス決済」界の大手2社が不名誉なワンツーフィニッシュを決めてしまっているのだ。
なぜソフトバンクグループと楽天がここまでの被害を出してしまったのだろうか。犯罪者目線で考えれば、金額や規模を狙うなら、大手メガバンクなどを攻撃するほうが実りは大きいはずである。その中で、キャッシュレス決済界が2社狙われているのは、新興サービスのセキュリティ面の甘さを露呈している結果と言わざるを得ないだろう。

 キャッシュレス決済という新規サービスは、生活を便利にしてくれた。しかしそれ以上に、現状では犯罪者にとって狙われやすいというデメリットを含んでいるのかもしれない。財布やお金を落としたり、クレジットカードを紛失したりというのは自己責任的な面も大きいが、信頼してサービスを利用した会社そのものから情報が漏えいするのは、もはや個人には防ぎようがないだろう。一人ひとりが自衛の意識を持っていたとしても、大本から崩されてしまえば私たちにはなすすべがないのだ。日本国民は今後、いつ悪用の被害に遭ってしまうかわからないといった状態に全員立たされているといっても過言ではないだろう。
 2021年には汚名返上して信頼を取り戻すことができるか。今後の2社のセキュリティ強化に期待したい。

参照元:「上場企業の個人情報漏えい・紛失事故」調査(2020年)【東京商工リサーチ

※サムネイル画像(Image:paypay.ne.jp,rakuten-card.co.jp

PayPay、楽天カード桁違いの情報漏えい件数! 失った信頼を取り戻すことができるか?のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレスクレカソフトバンク個人情報楽天楽天Edy楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。