Amazon(アマゾン)の怪しいマケプレ中華系業者をChromeの拡張機能でブロックする方法

Amazonでの買い物は便利だが、悪質な業者が出品している商品をうっかり購入しないように注意が必要だ。とはいうものの、信頼できる業者を確実に見分けるのは難しい。そこで、Chromeの拡張機能を使ってAmazon以外の出品者を除外し、安心してショッピングを楽しむ方法を紹介しよう。

怪しげなマケプレ業者が出品する商品に注意!

 Amazonで買い物するときは、商品の「出荷元」と「販売元」を必ずチェックしておきたい。Amazon以外の販売元(出品者)は「マーケットプレイス(マケプレ)」と呼ばれ、いわばAmazonに間借りして商売しているような事業者だ。
 ひと言でマケプレといっても、有名メーカーの直販店から個人商店まで千差万別。小規模な業者でも良心的なところもあるが、実態のよくわからない中華系企業など、信頼できない業者も混在している。こういった業者は、出品している商品にも問題があることが多い。メーカー名すら記載されていない怪しげな商品が珍しくないし、人気商品の偽造品が出回っていると報告されたこともある。
 「プライム対象だから」「レビューの評価が高いから」といって油断は禁物。マケプレ商品でも、出荷元がAmazonならプライム対象になっていることが多いのだ。また、やたらとベタ褒めのレビューが並んでいる場合はサクラが書いている可能性が高い。
 さらに、Amazon以外の出品者が発送する商品の場合、返品・交換については出品者と直接交渉する必要がある。不良品をつかまされた挙句、なかなか返品に応じてもらえないといったトラブルに発展する恐れもあるのだ。

出荷元と販売元は、商品ページの右側にある「カートに入れる」などの下に表示されている。この例では、「出荷元」はAmmazonだが「販売元」は別の業者になっており、マケプレ商品であることがわかる。業者名をクリックして詳細を確認すると、住所が中国になっていた

商品の検索時にマケプレを除外すれば安心

 悪質なマケプレ業者に引っかかるのを防ぐには、販売元がAmazonの商品だけに絞って検索すればよい。そうすれば、商品ページで出品者を慎重にチェックする手間が省ける。
 パソコンのブラウザーで検索する場合、URLの末尾に「&emi=AN1VRQENFRJN5」という文字列を付けてマケプレを除外するという方法があるが、いちいち入力するのは面倒だ。もっと簡単にしたいなら、Chromeの拡張機能を利用しよう。

Amazon(アマゾン)の怪しいマケプレ中華系業者をChromeの拡張機能でブロックする方法のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonAmazonSeller FilterGoogleGoogle Chromeマケプレ業者拡張機能】の最新ニュースをいち早くお届けします。