d払いが新たな高倍率50倍還元キャンペーン開催! 業界全体の消耗戦はいつまで続く?

NTTドコモは現在実施中の「Amazonでd払いdポイント50倍還元チャンスキャンペーン」に、抽選で10,000名に2,021ポイントのdポイントをプレゼントするという「お年玉特典」を追加する、と発表した。このキャンペーンは、Amazonで税込10,000円以上の買い物を「d払い」ですると、抽選で10,000名に利用総額に対し通常の50倍のdポイントを還元する、というものだ。
「dショッピング」という自社サービスを持ちながら、他社媒体で展開されるこのバラマキ戦略。企業の成長戦略として、果たして正解なのだろうか。2021年のキャッシュレス決済シェア争いの動向とともに考えたい。

長引くキャッシュレス決済の戦国時代

(Image:soi7studio / Shutterstock.com)

各社とも確実にその経済圏を拡大し、利用者の獲得を狙っている

 2019年のキャッシュレス・消費者還元事業から始まり、2020年には新型コロナウィルス流行の影響を受け、さらに大きな成長を遂げた日本のキャッシュレス決済業界。MMD研究所が18歳〜69歳の男女45,000人を対象に行った「2021年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」によれば、QRコード決済の認知度は93.9%、内容理解は71.5%、現在利用は33.3%という結果が報告されている。また最も利用しているQRコード決済サービスの1位は「PayPay」で43.1%、2位は「d払い」で18.2%、3位が「楽天ペイ」で15.4%だった。
 
 次々に新しい事業者が介入し、キャッシュレス決済の戦国時代とも言われた2020年から、各社はあの手この手を使いさまざまなキャンペーンを打ち出し、ユーザーの獲得にしのぎを削ってきた。今回のd払いのキャンペーンを見る限り、その状況は2021年を迎えた今も変わっていないようだ。

d払いが新たな高倍率50倍還元キャンペーン開催! 業界全体の消耗戦はいつまで続く?のページです。オトナライフは、【マネーd払いNTTドコモQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。