AirPodsは本当に便利? 完全ワイヤレス流行も、有線イヤホンは本当に不便なのか

イヤホンの充電って実際手間じゃないの?

聴きたいときに使えない!そんな経験に覚えはないだろうか

 スマホの普及と共に、当たり前のものとなりつつあるワイヤレスイヤホン。日本で一気に普及したのは「iPhone7」のイヤホンジャックが廃止された頃からではないだろうか。日本人の多くが使うiPhoneで、強制的に有線イヤホンが使えなくなったことで、一気にワイヤレスイヤホンの購入が進んだのは記憶に新しい。また同じころに「Apple」が発売したワイヤレスイヤホン「AirPods」は現在、街で見ない日はないほど普及している。思えば、スマホ自体の普及もiPhoneが先導していた、さらにサブスクによる音楽配信も、「Apple Music」の普及が起爆剤となっていた印象。今多くのテクノロジーは、「Appleが導入すると社会が動く」そんな流れになっているのではないだろうか。
 しかし、本当にワイヤレスイヤホンは便利なのか。「必要な時に充電がなくて使えない」、「片耳だけを忘れてきて使えなくなった」、「再生のタイムラグがある」といった不満を覚えたことがある人も多いのではないだろうか。これらの問題は有線イヤホン時代にはなかった問題だ。もし使用している端末にイヤホンジャックがあるのならば、充電いらずで、いつでも使うことができる有線イヤホンの方が便利かもしれない。そして何より、長年各メーカーが蓄積してきた技術から、有線イヤホンはワイヤレスイヤホンに比べて非常に安価であることが多い。

 もはや有線イヤホンは過去の産物となりつつあるが、ワイヤレスには充電切れなど煩わしい一面もある。現状が一過性のブームだとすれば、充電することなくいつでも使用できる有線イヤホンが再評価される時代が来る可能性もありそうだ。

参照元:完全ワイヤレスイヤホン、通勤通学時の利用が5割以上【BCN+R

AirPodsは本当に便利? 完全ワイヤレス流行も、有線イヤホンは本当に不便なのかのページです。オトナライフは、【デバイスAirPodsAppleiPhoneワイヤレスイヤホン】の最新ニュースをいち早くお届けします。