楽天カード、またしても快挙! 好調の楽天経済圏を牽引も唯一の不安はあの“改悪”だけ?

クレジットカードの「楽天カード」が、新たな金字塔を打ち立てたことがわかった。なんと2020年の1年間に、カードショッピングで11兆円もの利用があったというのだ。途方もない数字でかえってその凄さがわかりづらくなっているが、年間10兆円を超えたのは国内初とみられる、という報道もあり、「日本のクレカ史上、1年間で最も使われたカード」となった可能性が高そうだ。
今回はそんな楽天カードの絶好調の要因や、この結果が私たちの生活に与えるかもしれない影響。さらにはこの先の心配な点などもお伝えしていきたい。

キャッシュレス化・コロナ禍が楽天カードの飛躍を後押し

2020年には多くの人がオンラインショッピングを利用したことだろう

 楽天カードを発行している楽天カード株式会社は1月28日、「楽天カードの2020年度通期(1月~12月)のカードショッピング取扱高が11兆円を超えた」ことを発表した。さらにこの快挙が前年比20%超という驚異的な成長によって達成されたことや、会員数の伸びも順調で2020年11月に2,100万人を突破したことも合わせて伝えられている。
 この11兆円という数字は、クレカ全体の利用額から見てもかなりの割合を占めている、と考えて良さそうだ。日本クレジット協会が発表した2019年のクレカ市場全体の信用供与額(消費者がクレジットカードショッピング等で利用した額のこと)はおよそ73兆円。過去の数字のため参考の域は出ないのだが、全体シェアの15%にあたる金額が楽天カード一社で使われたことになる。

 楽天カードは、サービス産業生産性協議会の「顧客満足度調査」のクレジットカード部門で12年連続1位を獲得するなど、ユーザーから絶大な支持を得ているクレカであることはよく知られている。そんな強力な支持層を背景に、近年のキャッシュレス化の促進や2020年のコロナ禍におけるネット通販の需要増で一気に利用が伸びたのかもしれない。

楽天カード、またしても快挙! 好調の楽天経済圏を牽引も唯一の不安はあの“改悪”だけ?のページです。オトナライフは、【マネー楽天楽天カード楽天経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。